それおもしろいね

まなぶことで資産を増殖させるブログ

あなたが「人生つまらない」と思うのは、保坂和志を読んでいないからだ。

calendar

reload

「自分の人生は、人に言えるようなこともないし、本当につまらない」

若い人ほど、そう思っているのではないでしょうか。

そんな人におすすめしたい小説があります。

芥川賞作家、保坂和志さんの「カンバセイション・ピース」だ。

内容(「BOOK」データベースより)
小説家の私が妻、猫三匹と暮らし始めた東京・世田谷にある築五十年の一軒家。友人が経営する社員三人の会社が間借りをし、妻の姪も転がり込んだ。にぎやかだがゆったりと流れる日常のなか、お盆にやってくる陽気なイトコたちの昔話や、同居人たちとの会話から、かつてそこで暮らした人々の記憶が立ち上る。濃密な時間が流れ、過去と現在がつながり、生と死がともに息づく長篇小説。

この小説の特徴は、事件がひとつも起こらないことだ。
野球観戦に行って雑談をしたり、猫についての会話が延々と書かれていたりするのだ。
しかし、そんな他愛もない日常は、おもしろいのだ。
私たちは、日常がつまらないと思いがちだ。今日は、その姿が昨日や明日と似ているからだ。しかし、まったく同じ瞬間はないし、そもそも他人とは全然違う人生を生きている。それは、おもしろいことではないだろうか。
本作に限らず、保坂さんの小説は、そんな当たり前のことを思い出させてくれる。人生を豊にしてくれる。本当の小説とは、そういうものではないだろうか。
あ、すすめたものの、「カンバセイション・ピース」は絶版のようなので、古本で買ってくださいw



■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]