それおもしろいね

まなぶことで資産を増殖させるブログ

営業企画部に配属されたら読みたい10冊の本(前半)

calendar

reload

営業企画部に配属されたら読みたい10冊の本

 

営業企画には明確な定義がないため、正直なところ何を勉強したらいいか迷う人も多いでしょう。

そんな人は、まずは基本的なビジネス知識を、浅く広く得ることをおすすめします。

そのあとで、得意な分野を伸ばしていくと効率がいいです。

そこで、「浅く広く」学ぶのに最適な本10冊を、2回にわけてご紹介します。

 

1 新社会人のための営業企画のしごと

営業企画の仕事は、大きく分けて5つあります。

 

プランニング

システム構築

ライン・サポート

プロジェクト管理

コーディネート

です。

この本には、その5つと、それに必要なスキルが紹介されています。

タイトルに「新社会人のための」とあるように、非常にわかりやすいです。

それぞれに必要なスキルが紹介されている

 

2 ロジカル・シンキング

これは定番。

ビジネスパーソンの基本。考える仕事をする人は必読。

営業企画には問題解決力が必須です。

「MECEって何?」という人はぜひ。

 

 

3 データ分析できない社員はいらない

データを扱う人にいい入門書

「分析」と「集計」は違います。

営業企画には分析が求められるのです。

これは読みやすいです。

4 知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100

これはカタログ。とりあえずパラパラめくって「へ~」と思っておけばOK。

私は、何も思いつかないときにめくるようなのを「カタログ本」と読んでいます。

この本はその代表格。

 

5 ファシリテーション・グラフィック

会議は大事。会議をコントロールできるようになると、いろいろ話が早い。

私もそうですが、

「字が下手だからホワイトボードは他の人に書いてもらいたい。。。」

ですよね。

気持ちわかります!

でも、下手でも書いているうちになんとかなる。

しかも、会議で結論出せるようになる。

こんな素敵なスキル、身につけない手はない!

 

 

いかがでしたか?

どれもおもしろそうじゃないですか?

営業企画の仕事って本当に面白いんです。

それでは、後半もご期待ください!!




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]