それおもしろいね序章

まなぶことで資産を増殖させるブログ

「女性たちの101年会議〜人生のキャッチフレーズを決めよう」を開催しました

calendar

11/11(土)、「女性たちの101年会議〜人生のキャッチフレーズをつくろう」を開催しました。

16名の方にご参加いただきました!

今回のイベントは山本雅子(101事務局)の発案で、僕はおまけです(笑)

同じく事務局の米山さんは、受付とかコップを洗う仕事ですww
(僕は事務能力ゼロなので、そういうのはお任せしてみた)

当日は、どんな人生を送りたいか考える→リミティングビリーフを外す→エンパワリングビリーフを設定する→キャッチフレーズ化するという流れ。

僕は、「ほほー」と驚きながらすごしました。

わかったことをシェアしますね。

女性101でわかったこと

コラボは難しい

今回は、発案の山本雅子が上で挙げたようなことをやり、僕が学ぶことについての時間をつくるという座組み。

自分ひとりで設計するのと違い、「何がしたいのか」から理解する必要がありました。

これがまた大変でした。

だって、わかんないんですよ、人の話って(笑)

打ち合わせして「わかった」ことになっても、いざ作り始めると、自分がよくわかっていないことに気づきます。

「これ、そもそもなんでやるんだっけ?」

「僕の学びの話がどう関係あるんだ???」

「キャッチフレーズって、そういえば何?」

「エンパワリングビリーフを設定すると、キャッチフレーズができるわけじゃないよね?」

など、全ての段階でわからなくなったといっても過言ではありません。

言語化というのは本当に難しくて、スルーしながら進む手もあります。

でも、それをやってしまうと意味がない。

複数人でやっても、ただの足し算になってしまいます。

「一つのものをつくる」とき、はじめて共同でやる意味があるんです。

今回は、テーマが抽象的なだけに、特に難しかったです。

でも、やってよかった。

そして、「わからない」という感覚をちゃんと共有しながらやってよかったです。

理解が深まりましたからね。

人の良さを最大限に出すのはすごくいい

なんというか、今回僕がやったのは、笑ってたことだけなんですよ。

え?学びパート?

えーと。なくなりました(笑)

イベント自体は、3時間半。

なぜか、全員の自己紹介が終わったら2時間くらい経過していました。

もっとも、ただダラダラしたわけではありません。

自己紹介を聞いていると、皆大事な話をしていたからですよ。

これは、このままいきたい。

僕たちは、そう判断しました。

ということで、僕の1時間パートは無しにしました。

山本雅子の世界観にそめた感じで、今振り返っても良かったと思っています。

自己紹介の後、休憩という名の懇親会は始まるし、こういうの↓突然入るし、おもしろかったです。
23517474 1507100189366055 354524060822007529 n

これが、「講座」とか「セミナー」みたいなイベントだと、あまりよくないかもしれません。

でも、僕たちがやろうとしているのは、学びを起こすこと。

参加者の皆さんが、とても主体的な学習者であることがわかりました。

そして、今日のテーマの根幹にかかわる内容を、積極的に話している。

だとしたら、こういう対応が一番いいと判断したんです。

それおもしろいね

自分以外が中心になった今回の101年会議。

こんなやり方もあるんだなあ。そして、とてもいいなあと感じました。

作る過程はとても苦しかったけどね〜。

懇親会にもたくさんの方が参加してくれたようで(僕は頭痛くて帰りました。すいません笑)、今後もまた集まりたいなあと思っています。

みなさん、またやりましょうね♪

23456599 911469032346706 6874599632803043918 o

101年倶楽部、一歩一歩進んでおります(笑)




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]