未分類

会社員は、副業ではなく新規事業の準備を始めればいいよ

投稿日:

こんにちは。いしざわです。

僕は会社員時代から、株式トレードで生活していました(ある意味ダメな人間ですがw)。

で、色々な巡り合わせで会社を辞めたわけですが、もし僕が「副業」気分でトレードをしていたら、会社を辞めることはできなかったと思います。

そこで今回は、「会社員は、副業ではなく新規事業をやればいいよ」という話。

最近は地味に事業プランニングの仕事もしています。

副業ブームだけど

最近、副業ブームですよね。

会社員の副業を認めよう、的な。

まあ、認めないよりいいので、もちろん良い流れではあります。

が、それは会社側の話。

会社員側は、「よーし副業しよう!」ではダメです。

すべきなのは、副業ではなく新規事業の準備ですよ。

副業と新規事業は違う

副業は、正規の業務に対しての「サブ」です。

会社員で言えば、会社員事業という「正」の事業に対する「副」ですよね。

よく、「副業を始めたんですけど、後々はこれで生計を立てたいんですよね」と言う方がいます。

無理ですよ。

副業だと思ってやっていると、ずっとおまけ。

独立した事業にはなりません。

だから、新規事業をしましょう!

「新規事業って副業とどう違うの?」

そう思いましたか?

一番大きな違いは、将来に向けて事業を育てるかどうかです。

つまり、それ単体で事業として成立するように設計して、育てるのが新規事業です。

そう、時間がかかります。

ここに、副業との大きな違いがありますね。

「すぐに稼げる」とか「誰でもできる」みたいなのは、新規事業をやる人は全部無視しましょう。

ほんと、関係ないですから。

「私がほしいのは『お小遣い』ではなく『収入源』だ」と強く思いましょう。

会社員として元気なうちにはじめよう

会社を辞めて、「さあ何かしよう」は通用しません。

当たり前だと思うかもしれませんが、結構そういう人多いんですよ。

会社を辞めたかっただけの人(笑)

これは企業にも言えることですが、新規事業は本業が回っているうちに準備するものです。

本業(会社員という事業)で目先の収入を確保しながら、長い時間をかけて新しい事業を作りましょう。

副業と違って、最初は利益なんていりません。

これは重要なポイントです。

小さくはじめて、目指すところまで拡大しましょう。

この、小さく始めている段階は、外形的には副業に似ています。

でも、ここまで読んでくれたあなたは、「質的な違い」がわかりますね。

何をすればいいの?

「新規事業はじめろ」というと、少々無茶に聞こえます。

でも、そんな大げさな話ではありません。

最終的に事業として成立するように、やりたいことを探して始めてみましょうと言っているだけです。

僕も、大きな事業はまったくやる気がないですから。

最初にやることは、「やりたいことを探す」です。

やりたいこと。

あ、ないですか?

じゃあ今日から手帳とノートを書きましょう。

ジブン手帳がおすすめです。

関連記事。

やりたいことがない人へ。「まずは手帳を書こう」
「好きなことをして生きよう」 最近、そういうメッセージを聞く機会が増えました。 とてもいい傾向だなと思います。 僕も、そ...

それと、ブログもおすすめです。

書いているうちに、好きなことが見つかってきます。

重要なのは、「5年かけよう」と思うことです。

あ、「今お金ほしいのに5年後なんて考えられない」という思考のままでは、5年後もお金ないですからね。

これは確実です。

「やりたいことがあっても、それを事業化するスキルがないなあ」という方は、こちらの記事で紹介する本を読んで行動してみましょう。

ノースキルの会社員が、将来ひとりで仕事をしてみたいと思ったら読むべき本、厳選30冊!!!
会社員でいることが辛い 起業したりフリーで働いている人が羨ましい でも自分には無理 何もできないし、勉強する時間もな...



■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-未分類
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした