それおもしろいね

まなぶことで資産を増殖させるブログ

読書ブログができるまで〜僕の書き方〜

calendar

こんにちは。読書ブロガーのいしざわです。

今日は、「どういうプロセスで読書体験をブログにするか」について。

それでは、順を追って説明しますね。

本を読む

最初は、本を読む。

まあ、当たり前なんだけどね(笑)

線を引きながら読みます。

思いついたことは、本に直接書き込みます。

これがおもしろくて、内容に関係のないことを思いつくこともしばしば。

そして読書日誌。

トラベラーズノートを使って、日々の読書体験を記録しています。

「何ページ読んだ」だけではなく、「読みながらこういう話を思い出した」とか、「たまには簡単な本を読むもの楽しいなあ」みたいなことも書いています。

なんといっても、「体験」ですから!

トラベラーズノートは、旅を記録する手帳だけれど、僕にとっての旅は読書かなあと。

情報の抜粋

印象に残った話は、情報カードに写します。

といっても、意味が分かればいいので、完全に同じではなく「大体抜粋」。

この作業をするとびっくりするのですが、重要な話なのに、もう忘れかけているんですよ。

「ああ、そうそう。この本にはこういうの出てきたね」みたいな。

いやあ、ただ読むだけだと、血肉にならないわけですね。

もったいないなあ。

カードにしておけば、ことあるごとに読み返すので、自分のものになる可能性が上がります。

ブログに書くテーマを決める

さあ、読んで日々の体験を記録して重要箇所を抜き出しました。

いよいよ、ブログに取り掛かります。

僕は書評ブロガーでもないし、ビジネス書要約ブロガーでもありません。

だから、話の中心は「本」ではなく「読書」という体験なのです。

ビジネス書を紹介するのであれば、お題はその本そのものですね。

でも僕が書きたいのは読書。

だから、本を読みながら考えたことや体験したことを主として、本の内容に触れます。

ここでは、「考えたことで、最も重要なのは何かなあ」と思い出し、切り取り方を決めるわけです。

ブログの構成を決める

お題が決まったら、次は見出しを考えます。

これは重要ですが簡単です。

使うスキルは、ロジカル・シンキング。

ロジックツリーを書くわけです。

「ロジックツリー?なんじゃそりゃ?」という方には、こちらの本がおすすめ。

いろいろ出ていますが、ロジカルシンキングの古典です。
(友人にあげてしまったので、もう手元にはないのですが)

ロジックツリーって奥が深いんですよ。

みんな、「自分はできている」と思っているんですが、全然ダメな人すごく多い(笑)

僕は7年くらい前に、毎日毎日ツリーを書いて鍛えました。

こういうのも使いました。

どんなノートにも書けるけど、最初はフォームがあるといいですよ。

原稿ノートに書く

で、PCに書くかというとまだ書かないです。

なんと、原稿用紙型の紙のノートに書きます。

これでもかというくらいアナログ人間っぷりを発揮しております(笑)

使っているのは、これ。

1枚ずつ分かれている通常の原稿用紙でもいいのですが、ノートのほうが「ネタ帳」みたいでテンションが上がりますw

そして、横書き!

縦書きの原稿用紙だと、最後にPCで書くときにかなり違和感があるので、縦横くらいはこの段階で揃えておこうと、横を使っています。

皆さんも試してみてください。

あ、そうそう。

ペンは三菱リブです。

サラサラとすべるので、どんどん書き進めることができますよ!

PCでブログを書く

で、お待たせしました。

書きます(笑)

理屈上は、原稿ノートに書いたものを転記すればいいだけです。

が!

これがおもしろいんです。

書き始めると、原稿と全然違うwww

こうなってくると、「原稿ノートのくだりは不要なのではないか」という疑惑が生まれますよね。

でも、自信というか、確信があります。

手書きの原稿ノートがあるから、PCで「違う」文章が書けるのです。

これがいきなりPCで書くと、早いんだけど書きたいものと違ってきてしまうんですよねえ。

そしておもしろいことに、僕は「できればいきなりPCで書けるようになりたいなあ」と思っていません。

紙とペンで書いたほうがかっこいいからです。

それおもしろいね

いかがでしたか。

今回は、「読書ブログができるまで〜僕の書き方〜」の紹介でした。

そんなわけで、今後も読書ブログをよろしくお願いします♪




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]