それおもしろいね

学ぶことで自分資産を大きくするブログ

やぎぺーさん(@yagijimpei)の話を聞きに「発信力を鍛えて、好き勝手生きる方法」に参加したよ #やぎまじ

calendar

こんにちは。いしざわです。

「発信力を鍛えて、好き勝手生きる方法」に参加してきました。

トップブロガーである、やぎぺーさんの講演です。

僕はプロブロガーのブログをほとんど読まないのですが、やぎぺーさんのブログはしょっちゅう読んでいます。

思考の抽象度が高くて、おもしろいんですよ。

やぎぺーさんは、あまり人前で話さないと聞いていました。

それが今回、登壇するというので、告知を見て反射的に申し込んだんですよ。

チケットは瞬殺で売り切れたそうで。迷ったりしなくてよかったです。

IMG 20170910 101920
ちなみにこの講演は、やっちさん主催の「ゆるまじ」というイベントの企画。

(今回はハッシュタグ「#やぎまじ」だったw)
ゆるまじ、何回か参加してますが、ゆるく話を聞くことができる、楽しいイベントですよ。

やっちさんも純愛伝道師として精力的に動いていて、会うたびにおもしろくなっているので、今後も注目の人です。

好き勝手生きる状態とはどんな状態か

さてさて。

当日のやぎぺーさんのお話。

やぎぺーさんが、「好き勝手生きる5ステップ」として、挙げるのは次の5つ

  1. 興味があることに手を出す(インプット)
  2. 知識・経験を惜しみなく、好き嫌いを乗せて発信(アウトプットで社会に貢献)
  3. 共感してくれた人がまわりにあつまる(信用の蓄積)
  4. サービス化してお金をもらう仕組みを作る(やぎぺーさんであれば、アフィリエイト、純広告、オンラインサロンなど)か、
    信用を必要なときにお金にかえる(VALUなどの評価経済系サービスなど)(マネタイズ)
  5. 稼いだお金をインプットに再投資

そして、これをサイクルで回すことにより、「自分」、「知識・経験」、「ブログ」、「社会への信用」のすべてが大きくなり、生活できる状態が、やぎぺーさんの言う「好き勝手生きる状態」です。

IMG 20170910 102552

わかりやすいですね。

で、今回は、この中の上から2つ目。アウトプットについて話すよ!というわけです。

ひえー、わかりやすい。話の内容もおもしろいんだけど、構成にもびっくり。

2番目に絞るのすごい。

僕が話す側だったら「1〜5」全部盛り込んでしまいそう。

人のを見るのは、とても勉強になるなあ。

発信では、「出し惜しみ」するな

僕の印象に残ったのはこの3つの話。

インプットではなく、まずはアウトプット

「インプットしてアウトプットしよう」

ってやつ、いろんなところで聞くじゃないですか。

なんだか。「表現が使い古されて、何も言ってないような気さえするなあ」って思っていたんですよね。

そしたらやぎぺーさんが、なんと「まずはアウトプットから」って話を始めてびびりました。

すごい。

「アウトプットして頭を空にして、次のインプットをしよう」と。

いやあ。こういうのが、一番になる人だよなあ。と思いました。

「まずはアウトプット」作戦、意識してみます。

出し惜しみしなくても立ち位置は変わらない

続いて、出し惜しみの話。

「これを教えてしまったら、自分の優位性がなくなってしまう」てのはやめようと。

地球上には70億人も人間がいるから、出し惜しみしなくても自分の立ち位置には影響がない

きたーー。やぎぺーさんヤバイ。

おもしろいなあ。言ったあと、「伝わりますか?」って苦笑するのとか最高すぎるぞ。。

「出し惜しみする人は狭い世界のことばかり考えている」

たしかにねえ。

関係ないですもんね。

貢献する、周囲に人を集める、好きなことをする

「貢献して周りに人を集め、自分の好きなことで需要を作り出す」

例えばやぎぺーさんだと、ブログで貢献をしたあと、「ボードゲームやらない?」と好きなことを提案しているそうです。

これが、とても気づきのあった話。

なぜなら、何人ものブロガーが同じようなことを言っているから。

にもかかわらず、僕は今回のやぎぺーさんの話で、初めて納得感があったんですよ。

不思議ですねえ。

他の人達から聞いたのと、何が違うんだろうなあと、イベントが終わってからずっと考えていました。

僕なりの結論としては、

やぎぺーさんは「(まずは貢献しなきゃいけないんだけど、)人が集まったら好きなことを発信しようね」と、後半をイメージできるように話してくれたからなんですよね。

これまで聞いた同じ表現(に聞こえる話)は、

「だから貢献をしよう」と、前半部分が結論になっている人

と、

「できること」「社会の需要」「好きなこと」を掛け合わせようという、時間軸がなく完成図だけ提示する人

が多かったです。

今回のやぎぺーさんの話は、時間軸というか、ステップになっていたのでイメージできました。

それおもしろいね

そうそう。最後に、未消化の話。

「仮想敵をつくろう」というお話がありました。

「アンパンマンとバイキンマン」(バイキンマンがいなければアンパンマンはただのいい人)とか、

「きのこの山とたけのこの里」(どっち派かで盛り上がる)

みたいな。

そして、「否定するのではなく、好き嫌いを言おう」と。

たしかにそうなんでしょうねえ。

「いつも『好き』ばかり言っていても信頼されない。」

どうやら僕は、「好き嫌いを言うこと」が、時として「嫌いなものを否定すること」だと思っていました。

違うらしいぞ。

これから、自分なりのポジションの作り方を見つけていこう。

知識・経験を惜しみなく、好き嫌いを乗せて発信しよう byやぎぺー




■そうそう。学びのヒミツ結社をつくったんですよ。!
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]