それおもしろいね

学ぶことで自分資産を大きくするブログ

ジブン手帳で、振り返りをした自分をさらに客観視する方法

calendar

ジブン手帳大好き、いしざわです。

僕は毎朝、ジブン手帳IDEAで前日の振り返りをしています。

(ジブン手帳は3分冊の手帳で、IDEAは方眼のメモ部分)

今回は、僕がやっている日々の振り返りを紹介します。

前向きな振り返り

「振り返りをしているよ」って人、多いと思います。

やり方は人それぞれですよね。

僕は、ジブン手帳に3つの項目を書いています。

     

  • できたこと3つ
  •  

  • わかったこと1つ
  •  

  • 生産活動

です。

振り返りというと、「反省」をしてしまいがちですよね。

「できなかった。」

「もっと気をつけなきゃ。」

「今日もダメだった」

みたいな。

それはそれで大事ですが、成長の実感ができません。

せっかく成長しているのに、もったいないです。

だから僕は、プラス面をとらえるようにしています。

振り返りの方法

ここからは、どんな流れで振り返りを行っているかを説明します。

見返す

僕はジブン手帳のDIARY(バーチカルページ)に、やったことを記録しています。

例えばブログを書いたら、終わったときに「ブログ」と書きます。

(1日終わってから書くのではなく、都度記録するのです。)

まずは、その1日の記録に目を通します。

「ああそうだ。昨日はブログを書いたんだ」などと、行動を思い出しますよね。

おもしろいことに、それだけではありません。

「結構眠かったんだけどね」などと、状態や感情も思い出せるのです。

人間の記憶っておもしろいですね。

ジブン手帳の他に、もうひとつ見返すものがあります。

Evernoteです。

写真やつぶやきを、極力Evernoteに残しています。

先ほどのジブン手帳で大筋の1日は思い出していますが、写真などがあると、記憶がさらに蘇ります。ビジュアルの力はすごいなあ。

できたことを探す

「1日」を思い出したところで、「昨日『できたこと』は何かな」と考えます。

3つ、ジブン手帳IDEAに書きこみます。

自己肯定感を上げるため、文末を「〜ができた」にするのがポイントです。

スラスラ書ける日もあれば、「何もないなあ」とペンが止まってしまう日もあります。

そんなときは、本当に些細なことを書きます。

「気が進まなかったけど仕事に行くことができた」みたいなのでOK(笑)

毎日3つできたことをためていったら、1年365日で1,095個です。やばくないですか?

積み上げるという発想が大事なんですよ!

わかったこと

「できたこと」が終わったら、次は「わかったこと」です。

いわゆる、「気づき」です。

1日のうちに、「ああ、こういうことか」と思うことって多いですよね。

その瞬間の思考、とても大事です。

それこそ学びの瞬間ですからね。

「じゃあその学びは、どこに行ってしまうの?」

というと、もちろん血肉になる部分はありますが、大半は流れて消えてしまうわけです。

も、もったいない。

せっかくの気づき。。。

ということで、僕はせっせと毎日1つずつ蓄積しているのです。

こちらも、1年で365個たまります。

進化しそうじゃないですか。

これもまた、「ないなあ」と思う日もあります。

でも、うーんうーんと頭を動かす時間もまた楽しいんですよ。

P 20170825 212544 vHDR Auto

書くことを作業にしない

こんな感じで振り返りをしているわけですが、最近微妙な違和感を感じていました。

それは、「できたこと」を書いているわりには、自己肯定感が上がらないということです。

もちろん、何も書かないより大分いいんですが。

ずっと、なんでかなーと考えていて、最近理由がわかってきました。

それは、「できたことを書く」のが単なる作業になってしまっていたんです。

書くことが目的化してしまっていました。

これはほんとに難しくて、書くことのテンプレートを決めなければ継続の足かせになるし、決めたら決めたでこういう風に、「書いただけ」になる。

なんとかしたいなあと考えた結果、新しいことを始めました。

それは、自分で書いた「できたこと」にコメントすることです笑

3つのできたことは、左ページにあります。

それぞれに対して、右ページを使ってコメントするわけです。

P 20170825 212557 vHDR Auto

もしできたことを書くのが作業化したとしても、真の自己評価がここで行なわれます。

思いついた時、やばいと思いました。

僕は天才かもしれません。

これを始めてから、「やっぱり僕はすごいなあ」と思えるようになり、振り返りの質も上がりました。

めでたしめでたし。

それおもしろいね

いかがでしたか。

今回は、手帳を使った日々の振り返りについて書きました。

毎日毎日、少しずつ進化していく自分を感じるの、おすすめですよ〜。

僕は昨年、昔の手帳を捨てました。

たまにアイデアの断片みたいなものが書いてあって、見返すとなかなか面白かったです。

でも、「断片すぎる」んですよね。

だから、面白くはあっても、役には立たない。

もう少し、「何を考えていたか」「何を学んだか」が残っていると、未来の僕としては嬉しいなあと思いました。

今年ジブン手帳を書いているのも、今の僕以上に5年後や10年後の僕のためだったりします。

ほんと楽しみなんですよね。

「5年前の自分、なんだこれwww」みたいになりそうじゃないですか(笑)

来年の手帳、ジブン手帳がおすすめですよ〜!
気になる方は、ガイドブックを!!




■そうそう。学びのヒミツ結社をつくったんですよ。!
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]