それおもしろいね

学ぶことで自分資産を大きくするブログ

ジブン手帳に「できたこと」「わかったこと」を書く意味

calendar

reload

こんにちは。ジブン手帳大好きのいしざわです。

今回は、ジブン手帳の分冊メモである「IDEA」について。

IDEAはどんな使い方をしてもいい

ジブン手帳はDIARYがメインだし、LIFEも特徴的なので話題になります。

それに比べると、IDEAが話題に上ることは少ないです。

が!

IDEAこそやばいですよ。

  • トモエリバーなので紙質最高。
  • 分冊なので、使い切っても補充可能。
  • 方眼なので、思考の整理にぴったり。
  • 日付なしなので、使い方の自由度が高い。

などなど、優れものなんですよ。

僕は、毎日見開き2ページを使って、1日の振り返りに使っています。

「できたこと」と「わかったこと」

毎日何を書くかというと、こんな感じ。

  • できたこと3つ
  • わかったこと1つ
  • アウトプット
  • よりよくしたいこと

まずはできたこと。

前日の「DIARY」を見返して、無理やりにでも3つ「◯◯することができた」という文を書きます。

「3日連続で朝読書ができた」

「机の片付けができた」

「渋谷に行ったがムダな買い物を我慢することができた」

とか。

自分のプラスの面を見られるように。

次が「わかったこと」。

こちらは、「知ったこと」ではなく「気づいたこと」に近いイメージですねえ。

「学び」ってやつです。

「ブログ記事は仕上がらなかったが、はっきりと『生産タイム』と決めると、会社の仕事と同じでさぼらず作業し続けられるということがわかった」

という感じの文を書いています。

これ、何年かたったらまた読み返したいです。

「え!2017年ってまだこのレベルだったんだ。僕も成長してるんだなあ」

と思うはずです。(多分w)

そのあとにアウトプットとして成果物を記入。

最後に「よりよくしたいこと」。

「ナシ」って書く日も多いです。

反省日記じゃないので。(ここ重要!)

何のための振り返りか

ジブン手帳は、ライフログに最適な手帳です。

せっかくライフログをためるのだから、成長したことが分かるようにしたいですよね。

そのための超簡単な手段が、「できたこと」「わかったこと」を毎日書くことなんです。

これは、1週間やっても良さが分からないです。

本当の意味での人間の成長は、短期間では見えません。

僕は、この作業を今後10年くらいやってみようと思います。

楽しそうでしょ?




■「学び力」を上げて資産形成したい人のための”ヒミツ結社”!
101年倶楽部、会員募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]