それおもしろいね序章

まなぶことで資産を増殖させるブログ

ライフログだけじゃない。Evernoteは知的生産のための最強ツールだ!

calendar

reload

「Evernoteに情報をためてみたんだけど、結局見返さないんだよね。」

「だからためること自体がめんどくさくなって、やめちゃった。」

そんな人はいませんか。

Evernoteは、ライフログに有用です。

でも、もうひとつ重要な使い方があります。

それは、情報をためることです。

EVERNOTE「超」知的生産術』(倉下忠憲)は、Evernoteに情報をため、生み出す。すなわち「知的生産術」についての本です。

もしあなたがこれまでに、Evernoteでの情報収集を試みたけれど挫折した経験をお持ちなら、必読です。

何が欠けていたのか、よくわかりますよ。

情報ってなんだ

「情報収集しよう」っていっても、何だか曖昧ですよね。

情報とは何かが決まっていません。

本書では、次のように書かれています。

・知的生産の素材となるものには2つの「情報」があります。1つは「資料」、もう1つが「着想」です。

・「資料」は、「外部から提供されている情報。一般的に情報と呼ばれているもの」となります。
・「着想」は、「自分の中から出てきた思考や考え(アイデアの断片も含む)」となります。

・前者がスクラップ・ブック的な使い方。後者がメモ帳的な使い方といえます。

おお、これはわかりやすい。

どうしても、ここでいう「資料」だけを情報だと考えてしまいます。

でも、インプットばかりしてても、何も生産できませんよね。

僕は逆に、着想ばかりになっていたんですよ。

自分で思いつくことばかりがたまっていました。

どっちも必要だと気付いてからは、情報収集の質が上がってきました。

本書では、資料について次のように分類されています。

・「資料」には、大きく分けて2つの種類があります。1つが「専門資料」で、もう1つが「一般資料」です。

・特殊知識……ドラッカーの「マネジメント」
・一般知識……青春小説、ライトノベル

おお、どんどん「知的」生産術っぽい感じになってきましたよね!

情報の収集

これだけ情報があふれた時代、やり方を間違えるといい収集はできません。

いわゆる情報過多というやつですね。

・「読む」ことばかりで「作る」ことをしなければ、知的生産ではなく「知的消費」にすぎません。

・流れ込んでくる大量の情報にフィルタを通して選別し、必要なものだけを収集する、これが「フィルタリング・インプット」の考え方です。

・一般資料のフィルタは、「ランキング」を使うのが手っ取り早くて簡単です。

・「一般的ではないけれども、自分の専門とまではいかない」という、一般資料と専門資料の中間分野の情報もあります。そういった「興味ある分野」の情報収集に関しては「専門家」や「達人」をフィルタに使うのがベストです。

以前に『<インターネット>の次に来るもの』を読んだときにも出てきましたが、今の時代にフィルタリングは大事な概念です。

キュレーションメディアもだいぶ充実してきましたが、すべてをそれに頼っていたら、単なる思考停止で本末転倒。バランスが難しいですねえ。

情報の整理

収集と並んで難しいのが、整理です。

効率的な情報整理を実現するための3つのポイント
・必要なものを、必要なタイミングで見つけ出せる環境を作る
・整理に手間や時間を使いすぎない
・既存の分類に情報を閉じ込めない

本書は、何度も読むことをおすすめします(あ、自分に言ってますw)

しばらくEvernoteでの情報収集・整理を繰り返してから、上の3つのポイントを再度確認しましょう。

ひとつめの、「必要なものを必要なタイミングで」というのは、「自分なりの」ということです。

だから、自分で見つけるしかない。

使いながら、模索しましょう。

自分の最適な整理法を作り上げる「マドルスルー整理法」
「マドルスルー」とは、「まるで解決策が見つからないなか、泥のなかをもがくようにがむしゃらに突き進むことでいつのまにか解決策にたどり着くという考え」のことです。

マドルスルー整理法。

初めて知りました。

でも、定義を読んで感動しました。

学びながら上達しろということですよね?

皆さんも、僕と一緒にマドルスルーの旅に出ましょう!

それおもしろいね

本書は、知的生産についての本です。

だから、上で紹介した情報の収集・整理のあとが本番です。

KJ法、メタノート、ソーシャルブレストなど、ぜひ実践すべき方法が紹介されています。

ぜひ読んでみてください。

また、本書で引用や紹介をされている本も、すべて読みましょう。

僕も持っていない本があるので、これを機に買い揃えます。




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]