それおもしろいね

まなぶことで資産を増殖させるブログ

ジブン手帳IDEAの使い方を進化させ「自分だけのジブン手帳」を目指す!

calendar

ジブン手帳を使っています。

スケジュール管理ではなく、ライフログのためです。

試行錯誤を繰り返しながら、使い方を日々進化させています。

ジブン手帳はいろいろな用途で使える自由度の高い手帳です。

こちらの「ガイドブック」にも、愛好家の皆さんの使い方がたくさん出ています。

見ているだけで楽しいです。

さて、僕の使い方の話。

今回は、IDEAについて。

ジブン手帳は3分冊構成です。

人生通して使う「LIFE」、バーチカルをメインとした「DIARY」、方眼メモの「IDEA」です。

IDEAは、使い切っても追加で買うことができます。

最近、IDEAの使い方で、新たに3つのことを導入しました。

ご紹介しましょう。

スタンプを使い始めた

皆さんは、完璧な手帳に出会ったことがありますか。

ないですよね。

作る人がどれだけ完璧なものを作っても、それは作った人にとっての完璧です。

まったく同じ人間などいないのだから、違う人が使ったら完璧ではないですよね。

また、フォームと主体性の問題も悩ましいです。

最初からガッチリとしたフォームがある手帳は、一見使いやすいです。

順番に欄を埋めていけばいいのですから。

でも、要注意です。

いつの間にか使用者は受け身になっていきます。

「欄を埋める」という作業になってしまうんですよね。

かといって、何もフォームがなければ、それは単なるノートになってしまいます。

そんな悩みを解決するのが、スタンプ(ハンコ)です。

僕は、2つのスタンプを使い始めました。

P 20170530 065549
一つは、単なる枠です。

これは、今日の過ごし方を書きます。

朝にペタペタと3つか4つ枠のハンコを押して、「楽しくブログを書く」とか「マインドフルネスを意識する」とかいうことを書きます。

スケジュールスタンプのほうは、日によって使ったり使わなかったりします。

「今日はしっかり時間を意識しないと終わらないなあ」と思った日には、ペタンと押します。

わかったことを書き始めた

できたことに続き、わかったことも書くことにしました。

「できたこと」で行動面を評価し、「わかったこと」で気づきを思い出します。

僕がジブン手帳を使っている理由は、成長するためです。

行動や思考の、どんな小さな成長も見つけられるようにしたいですねえ。

1年後くらいに見返したら、「ああ、このときはまだこのレベルだったのかあ」と思うんだろうなあ。

振り返りっていうと、真面目な人ほど「反省」をしてしまいます。

そういうひとほど、できたこととかわかったことを書きましょう。

人生楽しいですよ。

「なんでも書くノート」にした

IDEA見開き1枚を1日分として使っていました。

ジブン手帳には、「今日のこと」が残っていきます。

それ以外に、ノートを持っていて、思いつきやじっくり書いて考えたいことを書いていました。

書きたいときに引っ張り出してきて書くイメージです。

岡田斗司夫さんのスマートノートを参考にしました。

そのスマートノートも含めて、IDEAに「なんでも書く」ようにすることにしました。

どこまでジブン手帳に機能を集約できるのか、やってみたいんですよね。

参加したセミナーのメモも、思いついた企画も、IDEAに書いています。

懸念もあります。

それは、サイズです。

僕はずっと企画の仕事をしていました。

だから、アイデアを作るときには必ずと言っていいほど紙に書き(描き)ます。

会社員時代は、LIFEのA4サイズノートを使っていました。

いけるところまでIDEAでいって、また考えます。

それおもしろいね

ジブン手帳は、不思議な手帳です。

僕のような「元・手帳難民」に優しいんですよ。

どんどん使い方を進化させて、「自分だけのジブン手帳」を作ることができます。

ジブン手帳を使ったことがない人は、来年ぜひ!

あ、待ちきれない人は今すぐに(笑)




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]