それおもしろいね

学ぶことで自分資産を大きくするブログ

株初心者が「勉強」をしてはいけない3つの理由

calendar

株式投資って難しいですよね。

今回は、初心者は株の「勉強」をしてはいけないよという話。

どうせ分からない

何冊も書籍を購入する。

いくつものセミナーに参加する。

真面目な人ほど、そういうことをしがちです。

でも、どんどん頭でっかちになります。

問題は、そんなことをしても、「どうせわからない」ということです。

たしかに知識を得たときには、「すごくいい話を聞けた」「知らなかった方法をゲットした」という気分にはなります。

でも、本質的には理解できていません。

株は、やってみてはじめて「わかる」からです。

つまり、「まだ分かっていないから始めない」というのは、とてつもない矛盾なのです。

株にテストはない

「株の勉強がいらないなんて、おかしい。」

って思いますよね。

「初心者は」いらないんですよ。

知識なんて、入門書1冊買って、流し読みするだけでいいです。

それ以上やるのは、まったくのムダです。

「じゃあ、テキトーにやるってこと?」

いえいえ。

「勉強」をするのではなく「学ん」でくださいと言っているんです。

ここでいう勉強とは、知識を頭に入れることです。

対して学びとは、知識を経験により自分のものにする行為です。

おわかりですね。

株を売ったり買ったりする以外に、自分のものにする方法はありません。

実際の取引を通じて、「この損切りはよかったなあ」とか「買いのタイミングが悪いかもしれないなあ」と試行錯誤を繰り返すことが大事です。

そして、「もっとチャートについての知識を増やしたいなあ」と主体的に知識を習得するのがいいですね。

教科書を前から順番に読んだり、手当たり次第にセミナーに出かけるだけでは、学びが浅いんですよ。

偽者にひっかかる

「勉強(知識ほしい)」という姿勢では、セミナーや情報商材にムダな出費をすることになります。

特に株などのお金がらみでは、「値段が高い方が安心」って気がしますよね。

「25万円と高額だから、特別な情報が得られるにちがいない」

そう考えがちです。

でも、何度も書きますが、勉強なんてする必要ないんですよ。

そして、学びは講義形式のセミナーではできないんです。

知識だけなら、上級者でも総額5万円もあればまともな本を入手することができます。

騙されてしまう人は、「知識、正解をください」という学習姿勢に問題があるんですよ。

それおもしろいね

いかがでしたか。

今回は、株初心者が「勉強」をしてはいけない3つの理由について書きました。

これでもう、勉強ばかりしてちっとも利益が出ない状態を抜け出せますね。

ぜひ意識してみてください。




■「学び力」を上げて資産形成したい人のための”ヒミツ結社”!
101年倶楽部、会員募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]