それおもしろいね序章

まなぶことで資産を増殖させるブログ

成長できるコミュニティを簡単に見分けるための3つのポイント

calendar

こんにちは。いしざわです。

この3年、自分への投資で、いろいろな集まりに出かけました。

僕の目的は成長することでしたから、その観点で振り返ると「ここはよかったなあ」「ここは意味なかったなあ」と思い出されます。

最近になって、やたら「コミュニティ」という単語が聞こえてきて、気持ちが悪いんですよね。

もはや、概念が曖昧です。

意味を持って使っている場合は問題ないと思うんですが、フワッと使うと危険ですよね。

今回は、「成長できる(つまり学べる)コミュニティに入りたいなあ」と思っている人に、本物を見分けるポイントを3つ挙げてみます。

むだに「コミュニティ」という単語を連発していない

いいコミュニティは、何らか別の言葉で表現可能なはずですよ。

「ファンクラブ」なのか「塾」なのか「秘密結社」なのか。

「ここでは『コミュニティ』って要するに何なんですか」って聞いてみましょう。

自分たちのことを「コミュニティ」としか表現できないところって、中身が何もないんですよ。

単なる人の集まりなんて、「グループ」ですよね。

有料グループなんて、いやですよねえ。

グループに入るだけなら、少なくともお金はかからないはずです。

参加者に共通の目的がある

人を集めるということは、「参加者にとって、一人でいるよりも集まってやる方がいい」という条件を満たす必要があります。

人を集めて課金して何となく知識をくれて終わり、みたいなところだと、運営者側にしかメリットがありません。(一度に連絡できる、収益が上がる)

みなさんが参加しているコミュニティには、共通の「目的」がありますか。

主役は参加者で、ファシリテーターがいる

例えば「ファンクラブ」であれば、主役は主催者のほうですよね。

古いタイプの「塾」も、先生が主役です。

オンラインサロンのほとんどは、上記2類型に入るものが多いので、主役は主催者側です。(成長することが目的でなければ、それで問題なし)

それらに対して、学ぶことができるコミュニティでの主役は、参加者です。

主役は自分で、主催者が場全体を導いてくれたり寄り添ってくれるのが「ラーニング・コミュニティ」です。

そして、参加者同士が学びあえる環境がベストですね。「先生ひとりで、あとは全員受け身の生徒」みたいなのは古い古い。

「主役は皆さんなので、主体的に動いてください。何もしない人は出ていってください」というコミュニティでは、最初から自力でバリバリできてしまう人以外は成長できません。

こちらは、「主役は参加者だけれど学ぶ環境がデザインされていない」コミュニティです。

自分が学べる場所かどうか、見極めましょう。

それおもしろいね

なんでもかんでも「コミュニティ」って言っとけばいいという風潮、どうしても我慢できなくて書いてみました。




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]