それおもしろいね序章

まなぶことで資産を増殖させるブログ

「『手帳に記録をする』って意味あるんすか?」に答えます

calendar

こんにちは。いしざわです。

僕は人生を手帳に記録しています。

記録って何?

ここでいう「記録」は、何をして何を思い、誰とかかわったのか、などのことです。

本当は、映像とか写真も手帳に貼りたいですね。あと、イラストとかね。

ほぼ日とかモレスキンのユーザーは、結構やってる人いますよね。

僕はまだ文字中心なので進化の途上なのですが、ゆくゆくは全部入れたいなあと思っています。

スマホアプリじゃダメなの?

ダメです。

写真とか映像はもちろんのこと、文字でも手帳よりスマホのアプリのほうが便利じゃね?という話になりますよね。

まあ、そうなんでしょう。「記録する(ためる)こと」は。

でも、記録するのは何のためかを考える必要があります。

僕は今、まだ写真を貼ったりするところまではいけていません(方法考えて、そうしたいけどね)。

で、文字に関して言いますと、「書いている瞬間にいろいろ考える」ことが大事です。

例えばブログを書いたら、僕は手帳の週間バーチカルページに「ブログ」と書き、かかった時間を枠で囲みます。

その作業の間、僕は今書いたブログについて、考えています。

うまく書けたなあ。思ったより時間かかったなあ。などなど。

また、昨日までの記録や先ほどまでの記録も目に入ってきますので、そこでまた、「今週はずっといい感じだなあ」などと、意識していなくても振り返りをしています。

スマホアプリへの入力では、「アプリを開いて文字を入力して漢字を変換してOKを押す」という、単なる入力作業になってしまうので、手書きのときのような、「書いている瞬間に振り返る」ということがありません。

だから、手帳はいいですよ。

「計画どおりできたかどうか」が重要なんじゃないの?

記録記録と言うけれど、計画のほうが大事じゃないですか?という人もいるでしょう。

計画さえちゃんと立てれば、あとは淡々とこなすだけだ、と。

計画を立てるのはもちろんいいことです。

無計画にすごせば、僕のような怠け者は1日ダラダラとすごしてしまいます。

例えば株式トレードでは、まさに僕は「計画が98%」な状態です。

トレードは、不確実性を排除することで勝利に近づくからです。

では、人生はどうでしょうか。

不確実性、高めた方がおもしろいですよね。

だから、「計画通りなら100点」になるのは間違っています。

つまんないです。

計画は立てるけれど、そのとおりにならなかったことでも「おもしろいなあ」と思うには、「左に計画、右に実績」みたいな書き方は、なじみませんねえ。

僕なんて、完全に別ページです。

それおもしろいね

ということで、手帳に記録をする最も大きな目的は、「1年中振り返りをするため」です。

やってみてね。




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]