それおもしろいね

学ぶことで自分資産を大きくするブログ

「ローンチしなければ学べない」by『7日間起業――ゼロから最小リスク・最速で成功する方法』(ダン・ノリス)

calendar

7日間起業――ゼロから最小リスク・最速で成功する方法』を読みました。

著者は、起業家でコンテンツマーケターのダン・ノリスです。

起業家、コンテンツマーケッター。7年間の起業で失敗した後の2013年6月に、低月額料金でワードプレスの無制限のサポートを行うwpcurve.comを設立(Amazon「著者略歴より」)

7日間起業――ゼロから最小リスク・最速で成功する方法』は、文字通り7日間で起業をするための本です。

ダン・ノリス自身、7年、そして11ヶ月と複数のスタートアップを立ち上げた後、「あと2週間で破産」という状態まで追い込まれました。

そして、そこから起死回生の逆転をします。

本書は、その経験から、スタートアップを立ち上げるのに本当に必要なことは何なのかについて書かれた本です。

スタートアップ以外にも役立つ

ダン・ノリスによるスタートアップの定義は、次のとおりです。

大きなインパクトの可能性

高いレベルでのイノベーション

高いレベルの不確実性

を含む。世界に打って出ようとしないローカルビジネスは、スタートアップとはなり得ない。

「スタートアップなんて、自分には関係ないなあ」

という人が大半ですよね。

僕もです(笑)

でもご安心ください。

本書は、スタートアップ的な起業をする気がない人にも価値があります。

  • 新たにサービスを作ろうと考えている人
  • 何年も構想だけはある人「ウォントレプレナー」(起業志望者)

には、ぜひ読んでいただきたいですねえ。

だって、7日でできるんですから(笑)

アイデア、エクスキューション、ハッスル

スタートアップを離陸させるのに必要な要素として、アイデア、エクスキューション(実行)、ハッスルという3つが挙げられています。

そして、3要素をひとりで賄えない人は、共同創業者を探すべし、とも。

ちなみにハッスルとは、

・まさに今何をすべきかを徹底して追求すること
・スタートアップ初期のハッスルとは基本的に、最も顧客を引き寄せそうな行動に時間を費やすこと

です。

だから、あなたがやるビジネスがどんなものであるかによって、やるべきことは変わってきますね。

また、ウォントレプレナー(ずっと起業しない人)は必要なこと「以外」のすべてを行うと書いてあって笑いました。

わかる気がしますねえ。

この3要素の議論で必要なことは、3要素すべてが必要という点です。

「アイデアなんて無価値だから行動しろ」という人は多いですが、半分間違っています。

行動だけしても、まったく意味ないです。

ローンチまでの7タスク

本書では、ローンチまでの7日間の過ごし方が具体的に書かれています。

  • 1日目 アイデアを決定する
  • 2日目 7日後にローンチするものを決定する
  • 3日目 ビジネスの名称を決定する
  • 4日目 ランディングページか、なんらかのオンライン上のプレゼンスをつくる
  • 5日目 ビジネスを十分な数の人々の前に提示する
  • 6日目 成功とは何かを定義する
  • 7日目 ローンチしなければならない

7日目は、ローンチ「しなければならない」です。最初から決めるんですね。

本書を読んでみてください。

やってみようかなという気になりますよ。

また、「ゼロからの起業アイデアの9要素」として、以下の9つが挙げられています。

  • 毎日楽しめるタスク(仕事)
  • プロダクト/創業者の相性
  • スケーラブル(拡大可能)なビジネスモデル
  • 創業者がいなくても収益が上がる
  • 売りになるアセット(資産)
  • 大きなマーケットポテンシャル
  • ペイン(苦しみ)/プレジャー(喜び)による差別化
  • ユニークな優位性を生み出す
  • すばやくローンチする能力

何かサービスを作ってみようという人、多いですよね。

「何していいんだろうか」と思ったら、上のチェックリストは役立ちますよ。

未来を見通すビジョナリスト役を演じることは、2度目、2度目のアントレプレナーの特権だ。それは楽しく、危険に満ちている

ダン・ノリスは自身の失敗から「ジョブズになってはいけない」と説きます。

だから、最初のスタートアップでは、

・解決のためにすでにお金を払っている問題を、解決する
・誰もがあなたのアイデアを素晴らしいと言うだろうが、彼らはその問題解決のために、現時点でお金を払っているか、見極めよう。

というアプローチを推奨しています。

「どっちにするか」の議論にしてしまうと、ジョブズ型のほうがかっこいいですよね。

でも、それが段階だと考えれば腹落ちします。

いきなりかっこいいことするのは、難しいですもんね。

それおもしろいね

みなさんも、今日アイデア作って来週何かローンチしましょう。




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]