それおもしろいね

まなぶことで資産を増殖させるブログ

「アイデアの作成はフォード車の製造と同じ」by『アイデアのつくり方』(ジェームス・W・ヤング)

calendar

こんにちは。学ぶトレーダーのいしざわです。

アイデアのつくり方』を再読しました。

名著

アイデアのつくり方』は、広告界の人の多くが読んでいる本です。

また、クリエイターが口を揃えて「名著だ」と言います。

僕もいちおう企画の仕事をしていた関係で、かつて読みました。

たしかに、とてもおもしろいと思った記憶があります。

でも、何がおもしろいのかは分からなかったんですよね。

こういうモヤモヤした感情は大切なので、しばらく放置していました。

今回数年ぶりに再読して、以前よりも深く理解できた気がします。

内容

著者は、ジェームズ・W・ヤング。

アメリカ最大の広告代理店・トンプソン社の常任最高顧問を務めた方です。

本書は、とても薄い本です。

本自体も100ページちょっとで、後半は竹内均さんの解説。

ヤング氏の文章は62ページまでです。

この薄さだから、すぐに読み終わります。

帯にも、「60分で読める」と書いてありますからね。

P 20170505 162513

原理と方法

・アイデアの作成はフォード車の製造と同じように一定の明確な過程である

・どんな技術を習得する場合にも、学ぶべき大切なことはまず第一に原理であり第二に方法である。

・特殊な断片的知識というものは全く役に立たない。

前回読んだとき、僕はあっさり読み終わったあと、本書について考えませんでした。

今回、その理由が分かりました。

本質的なことが書いてあるからです。

本質的な内容は、「当たり前」のことです。

だから、抽象度が低い状態で読むと、記憶にも残りません。

上の引用で書かれていることなんて、その極みですよね。

「アイデアを作るのも他のことも一緒で、原理と方法が大事だよ」ということですから。

でも、ちょっと立ち止まることが必要です。

果たしてあなたは、アイデアを作るときに原理を理解し方法に従っているでしょうか。

できていないですよね。

そこに、本書の価値があるわけです。

2つの原理と5つの段階

アイデア作成の基礎となる一般的原理は、次の2つです。

・アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない

・既存の要素を新しい一つの組み合わせに導く才能は、事物の関連性をみつけ出す才能に依存するところが大きい

一つ目の原理は、小説家の人も言いますよね。

二つ目は、着想力みたいなものでしょうか。(僕はこれ、得意です)

アイデアが作られる過程(方法)

  • 第一段階 資料を収集する
  • 第二段階 消化する
  • 第三段階 孵化させる
  • 第四段階 ユーレカ!
  • 第五段階 具体化させる

簡単な言葉にして列挙してみましたが、よくわからないですね(笑)

こういうことです。

第一段階では、2種類の資料を集めます。特殊資料と一般資料です。特殊資料というのはその案件の資料。それだけではなく、生涯にわたって、世の中の様々な出来事についての「一般資料」を集めることが重要です。

第二段階では、それらの資料の断片の関係を考え、可能な限り組み合わせます。行き詰まってOKです。

続いて第三段階。いったんアイデアから離れて映画をみたり小説を読んだりして、脳を刺激しつつアイデアを孵化させます。

いやあ、これはすごいですね。

すごくいいアイデアができそうです。

第四段階では何をするかというと、何もしません(笑)道を歩いている瞬間などに、突然「わかった!」とひらめく瞬間を迎えるとヤング氏は書きます。

僕もこれをよく体験するので、散歩がかなり役に立ちます。

最後の第五段階は、できたアイデアは不完全なので、理解がある人からツッコミを受けたりしてアイデアを展開していく段階。

心が弱いと、完璧じゃないとお蔵入りさせてしまうものですが、ここを突き進むことが必要なんですねえ。

それおもしろいね

前回よりは深く理解できた気がします(笑)

後半の竹内均氏の解説も非常にいいですよ。

みなさんは、何度も読み直す本がありますか。

本書のような、本質的な内容の本は、定期的に読み返したいですねえ。




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]