Evernote

Evernoteを本気で使い始めて3日で感じた「可能性」

投稿日:2017年5月5日 更新日:

こんにちは。学ぶトレーダーのいしざわです。

今回は、「Evernote使い始めたので、こんな使い方しようと思うよ」という話。

まともに使い始めてから、まだ3日。

本当はもっと使い方が確立してから書きたいところですが、この段階で思うところを書いてみます。

Evernoteは、単なるツールです。

でも、多くのファンがいることからわかるように、すごいツールなはずです。

感覚的にすごそうだと思っていたので、僕もこれまで「いちおう」使っていました。

でも、有効活用していたとはいえず、「なくてはならない」ものではありませんでした。

きっかけは井元龍太郎さん

先日、こんなセミナーに参加してきました。

フリーランスの師匠、井元龍太郎先生に会ってきた!情報収集術すごい!
こんにちは。学ぶトレーダーのいしざわです。 「20代、30代だからこそ知っておきたい、人生を最高のものにするために、好きなこと...

井元さんは、僕が以前から尊敬しているフリーランス。

情報収集術のプロとして活躍しています。

僕は正直言って、「情報収集術は自分にはあまり関係がない」と思っていました。

アプリとか、瑣末な話だからです。

しかし!

僕はこの井元セミナーにより、「情報収集の本質」みたいなものに触れることになりました。

うおおお。やべえ。情報収集やべえ。

Evernote、ガンガン使い倒してみよう!

僕は、単なるメモにしか使っていなかったEvernoteを本気で使うことに決めたのです。

これまでの使い方

上で書いたとおり、こでまでもEvernoteは使っていました。

アイデアメモ

僕は大学生の頃から、思いついたことを手帳に書く習慣がありました。

このスマホ時代になって、出先でのメモはEvernoteになりました。

課題は、それらの「断片」をどう活きた資産にしていくかです。

かつての手帳たちは、昨年すべて捨ててしまいました。

読み返して懐かしくはあったのですが、それ以上でも以下でもありません。

今後進化させていきたいポイントですね。

ライフログ

これは、結構難しいです。

Evernoteを活用している人の多くは、「Evernoteはライフログとして素晴らしい」と言います。

僕も、それをやってみようと思ったこともあります。

でも、続きませんでした。

僕は、紙の手帳(ジブン手帳)に記録をつけています。

その手帳の画像をEvernoteにためていったり、食べたものの写真をためたりしてみました。

でも、止めてしまいました。

理由は、「ためるだけ」になってしまったからです。

Evernoteは、紙の手帳に比べて「見返す」という行為がしにくいですよね。

今後の使い方

これまでの使い方を踏まえ、僕はこれから、次の3つの軸でEvernoteを使おうと思います。

知識の外部記憶

一つ目の軸は、知識と情報です。

Google Chromeの拡張機能「Webクリッパー」を使えば、ほぼワンタッチでWebページをEvernoteに保存できます。

今までもこの拡張機能はつけていたものの、そもそも「知識・情報の面でEvernoteを活用する」意識がなかったので、活用していませんでした。

「いい情報があったらEvernoteにためよう」とすることのメリットは2つあります。

一つ目は、「今読んでいるサイトは、自分にとって有用か」を意識できるようになることです。

もう一つは、「自分は最近、◯◯の情報をためることが多いなあ」と、自らの興味関心を認識することができることです。

「いい情報に当たろう」「そしてそれをストックしておこう」という意識を持つことが重要で、「おもしろいから後で読もう」みたいなものをためたらゴミ箱になりますよ。

アイデアメモ

これまでの使い方である「アイデアをメモする」ことも継続します。

しかし、先ほど書いた「価値のあるものとして使うか」という課題を解決する必要があります。

アイデアを企画に起こすスピードをアップさせれば自然に解消される問題かもしれないので、このあたりは改めてブログで経過を報告していきますね。

学びの蓄積

学んだことをEvernoteにためていきたいです。

これが一番やりたいことですね。

今僕は、ジブン手帳(紙の手帳)を使っています。

紙の手帳で記録し振り返りをしているので、十分満足しています。

そこにEvernoteを絡ませるのが、いいか悪いか分かりません。

でも、「紙ではできないこと」もたくさんあります。

検索だったり、編集だったり。

こちらも、方法を確立させたらまたブログに書きますね。

取り入れたこと

本気で使うことを決めたので、これまで使っていなかった機能も試し始めました。

ちなみに、プレミアムプランです。

無料だと、容量が小さすぎてダメですね。

スタック

Evernoteには、3つの階層があります。

最小単位が「ノート」。これが1つのメモみたいなものです。タグづけもできます。

そしてそれらをまとめたものが「ノートブック」。

複数のノートブックをまとめたものが「スタック」です。

僕はこれまで、ほぼノートとタグしか使っていませんでした。

ノートブックも使用してはいたものの、ほぼ1つのノートブックにしか書き込まない状態でした。

Evernoteを本気で使うなら、この3階層を使うことは必須です。

なぜなら、ノートを階層化するということは、頭を整理することと同じだからです。

頭が整理されていない状態で、「何でもかんでもEvernoteに」ためても、ゴミ屋敷になりますよ。

ツイエバ

ツイエバというサービスで、Twitterのツイートを自動で蓄積することができます。

有料プランもあるのですが、とりあえず無料で試します。

やってみてわかったことは、「ツイートがゴミだとたまるものもゴミだ」ということです。

僕は、これを機に、ツイートの質も上げようと思います。

RT、お気に入り、DMも取得してくれるので、Twitterの使い方も意識的になりますね。

スマホでのWebクリップ

スマホでのWebクリップは、やったことがありませんでした。

スマホでこそ、やるべきです。

なぜなら、「なんとなく」サイトを見ることが多いからです。

先ほど書いたように、「今見ているものは有用か」を意識することができるので、スマホでのサイト閲覧の質が向上します。

それおもしろいね

Evernoteを「メモ」だと思うと、超もったいないですねえ。

そうはいっても、ただためるだけのライフログには抵抗があるんですよ。

どうやったら学びと絡ませることができるか、毎日新しいことを試しながら改善させていきます。

みなさんも、Evernote使いましょう。




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-Evernote
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Evernote用のAndroidアプリ「Bridge Ever」が快適!

ライフログをはじめました。 アナログではコクヨの「ジブン手帳」。 デジタルでは「Evernote」です。 Contents1 Evernote純正アプリは挫折しやすい2 ライフログはためてからが勝負3 …

no image

気になることは全部Evernoteに送りつけています。

Evernoteは「第2の脳」と言われています。 最近、僕はEvernoteに重要な仕事を任せています。 「モヤモヤ」とか「悩み」とか「ストレス原因」を覚えておいてもらうことです。 僕は元々、好きなこ …

Evernoteのノートブック整理は必須。思考の整理と同じだよ!

「Evernote使ってるけど、たまに盛り上がって情報ためるんだけど、すぐ使わなくなるんだよなあ」 こんな悩みを持っている人はいませんか。 僕も、油断するとそうなりそうです。 Evernoteって、必 …

自分のことを知りたいなら即実践!Evernoteでライフログをとるのはメリットしかない

現状の自分には不満。 成長したい。 本を読んだりセミナーに行ったり勉強したりした。 でも、変われない。 そんな漠然とした悩みを持っている人は多いですよね。 成長するために必要なことは何でしょうか。 心 …

no image

不安なことは全部Evernoteに入れよう!ストレス抱えずにプロジェクト管理。

こんにちは。 皆さんは、「不安なこと」がありますか。 「ストレス」はありますか。 まあ、ありますよね。誰でも。 僕は、特にストレスがたまりやすいほうです。 小さいことも、結構気にします。 Conten …