それおもしろいね

学ぶことで自分資産を大きくするブログ

お金が貯まらない理由はたったひとつ。あなたが「買う人」だから。

calendar

reload

こんにちは。学ぶデイトレーダーのいしざわです。

今回は、「買う人でいるうちは、お金貯まらないよ。売る人になったほうがいいよ」という話。

お金がない人がよく言うこと

皆さんは、こんなことを言っていませんか。

「お金貯まらない」

「わたしは好きなものが多いから、たくさんお金がかかるなあ」

「貯金の本とか読むんだけど、結局3ヶ月以内に戻っちゃう」

「もう少し給料が高い会社だったらよかった」

僕も会社員時代は、同じこと思っていました。

が。

ようやく理解できました。

上のような思考パターンだから、あなたの「会社員事業(※)」は赤字なんですよ。
(※)あなた全体を会社に見立てると、会社員というのは一つの事業でしかない

上のような人を、「買う人」と言います。

資本主義社会には2種類の人がいる

会社員のころは特に気になりませんでしたが、僕らは資本主義社会を生きています。

そんなこと知ってますよね。

資本主義社会には、2種類の人がいます。

「売る人」と、「買う人」です。

少数の売る人と、大多数の買う人です。

あなたは、どちらでしょうか。

この1年間で、労働以外のモノやサービスを売ったことはありますか。

なければ、あなたは買う人です。

僕は買う人だった

僕はずっと、買う人でした。

「会社に行って給料をもらって、モノを買う」という生活でした。

社会全体で見れば、買う人がいなければ成り立ちませんので、まったく無意味ではありません。

経済の活性化に貢献するんですから。

でも。

僕個人は幸せにはなれませんでした。

たくさん洋服を買い、本を買い、サービスに申し込んでも、満たされませんでした。

次から次にモノを買うために会社に行く生活は、結構疲れました。

売る人になってみようと思った

そんな僕ですが、最近「売る人」になってみようと考えています。

会社を辞めてトレーダーに戻り、「買う」ことに興味がなくなってきたからです。

もともと、買う必要がなかったんですね。

ストレス発散のための浪費が「買う」だっただけで、本当の本当に買いたかったわけではありませんでした。

僕は、買う人と売る人しかいないこの社会なので、「売る人しかないじゃん」と思ったのです。

売る人になると、24時間「買え」と言われていることに気づく

「自分は売る人」と決めてすごすと、景色が変わります。

24時間、売る人たちが「買え」と言ってくるのだということに気づくのです。

TVをつけても雑誌を見ても、店に入っても電車に乗っても、

「とにかく買え!!!!」

と言われているような気がします。

自分が欲しいと思って買った洋服も、正しくは「欲しいと思わされた洋服」です。

皆が投資だと思っている本すら、そうかもしれません。

この話をすると、「買う人」思考の人からはこんな反論がきます。

「何も買わないでコストカットばかりするのは、豊かではない。おいしいものを食べたりいい服を着るのは、心の豊かさにつながる」

ああ、論点がズレています。

僕が言っているのは、自分にとっての幸せを考えて、「そのために何を買うか」を決めようよ、ということです。

買えと言われて「欲しい」と思い込んで買うのは、違いますよ、と。

それおもしろいね

僕は最近、1,500円で株の始め方を売っています。

会社員の人も、1円でもいいから、何か売ってみる練習を始めると楽しくなりますよ。

ココナラとかでスキル売ったりできますから。

ひとりビジネスの教科書 自宅起業のススメ』という本も勉強になります。

ここで言いたいのは、「競争に勝とう」ではありません。

もしあなたが会社員で、「今の生き方は苦しい」と感じているのなら、他のポジションもありますよという提案です。

大したリスクはないので、やってみましょう。

知識・スキルの販売サイト【ココナラ】




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]