それおもしろいね

学ぶことで自分資産を大きくするブログ

水島新司先生の高校野球漫画、どの順番で読めばいいか解説しよう

calendar

こんにちは。30年来の『ドカベン』ファン、いしざわです。

今回は、「水島新司先生の高校野球漫画に興味があるけど、読む順番がわからないよ」というあなたに向けた記事です。

男どアホウ甲子園

水島先生が初めて手がけた野球漫画。

原作は水島先生ではなく、佐々木守先生です。

主人公藤村甲子園が、高校野球を経て、大学、プロと進みます。

剛球一直線の藤村甲子園は、漫画界伝説の豪腕です。

一球さん

真田忍者の末裔、真田一球が、巨人学園に入学し、素人野球を繰り広げます。

このあたりまでの水島漫画は、かなりシリアスです。

ちなみに、『一球さん』には『男どアホウ甲子園』に登場したキャラクターが登場します。

そういう「あ、コイツは」みたいな発見楽しいですよね。

球道くん

豪腕中西球道の物語です。

これは、単独で読むことができます。

青田高校に進学してからの高校野球編ももちろんですが、小学生編もかなりおもしろいです。

小学生の野球を描く漫画って、あんまりないですよね。

書いているうちに、また読みたくなってきました笑

ドカベン

言わずと知れた、最も有名な作品ですね。

主人公山田太郎を始め、岩鬼、殿馬、里中など、魅力的なキャラクターが登場する本格野球漫画です。

ドカベンは、『プロ野球編』『スーパースターズ編』を経て、最終章の『ドリームトーナメント編』まで、プロ野球生活が描かれます。

高校野球漫画を読み終わったら、そちらにもチャレンジしてみてくださいね。

ダントツ

この漫画は、下で紹介する集大成、『大甲子園』のために描かれた作品です。

大甲子園に出場するチームを増やすために1本作品が作られるなんて、すごい話ですね。

ダントツこと三郎丸率いる光高校、『大甲子園』でも活躍しますよ!

野球狂の詩

これは初期の水島先生の代表作です。

高校野球ではなく、プロ野球漫画です。

でも、これをいちおう読んでから、次の『大甲子園』に行きたいところ。

『野球狂の詩』の岩田鉄五郎とゴリさんが、『大甲子園』に登場するんです。

『大甲子園』を読んだ時に、「コイツだれだ?」とならないための準備として、ぜひ読みましょう。

大甲子園

『ドカベン』の続編でもあり、水島高校野球漫画の集大成とも言える作品です。

ドカベン山田太郎の、高3夏の大会が描かれています。

ここまでで紹介してきた、『男どアホウ甲子園』『一球さん』『球道くん』『ドカベン』『野球狂の詩』『ダントツ』のキャラクターが多数登場し、山田擁する明訓高校と戦います。

これは、ワクワクしますよー。

超楽しいですよ。

『おはようKジロー』

平成に入ってからの作品。大甲子園の流れは組んでいませんが、超絶オススメです。

ちなみに、『ドカベン』最終章の『ドリームトーナメント編』では、Kジローが登場します。

それおもしろいね

いかがでしたか。

水島高校野球漫画、めっちゃ読みたいですよね。

残念ながら現在のところkindle化されていないので、Amazonで中古で揃えてください。

書いてたら、全部読みたくなってきましたわ。




■そうそう。学びのヒミツ結社をつくったんですよ。!
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]