それおもしろいね

まなぶことで資産を増殖させるブログ

「それおもしろいね」から会話を始めよう。

calendar

こんにちは。ザコ無職トレーダーのいしざわです。

今回は、このブログのタイトル「それおもしろいね」にまつわる話。

「それおもしろいね」が口癖

このブログのタイトル、実は初期に何回も変わっています。

もはや、何だったかも思い出せません。

なかなかしっくりくるのがなかったんですよ。

で、落ち着いたのが「それおもしろいね」でした。

これは、ここ5年くらいの、僕の口癖です。

会社員をしていた僕は、「おもしろいかどうか」を軸に仕事をしてきました。

「それおもしろいね」は、僕の価値観が最も詰まった言葉なんです。

おもしろいとは何か

僕は、いわゆる「大学生ノリ」というか、バカ騒ぎが嫌いなんですね。

全然おもしろくない。

単に騒いで楽しいっていうのは、ピンとこないです。

僕にとってのおもしろいものは、

笑えるし、人の発想や行動を刺激するもの

です。

おもしろい人は、上のようなことをしている人です。

だから、プロブロガーにはおもしろい人が多いし、怪しいビジネスの人はおもしろくないです。

世の中が「それおもしろいね」であふれたら、「それおもしろいね」じゃないですか。

「それダメだね」から入る人もいる

でも、ふと気づいたんです。

世の中には、他人の意見に批判しかしない人もいるんだなあと。

結構多くないですか、そう言う人。

とりわけ、まだ見ぬ新しいものとか、新しい挑戦については、一言目に「足りないところ」の指摘から入ったりしますよね。

それやってたら、絶対おもしろいこと起こらないです。

だって、新しいんだから成功する根拠なんてないじゃないですか。

というか、「わからない」ことをやるのって今の時代めっちゃ大事ですよね。

組織で働くと、どうしても「わかっていること」だけをやってしまいます。

「エビデンスがあるからいい」という考え方、ほんと悲しいです。

だからこそ、口に出して言うべきなんです。

「それおもしろいね」って。

もしあなたが会社員で、マネジメントする立場であれば、なおさら意識してください。

部下が出してくる新しいものに対して、まずは「それおもしろいね」と言ってから会話を始めてください。

それだけで、ずいぶんチームが健全になりますよ。

それおもしろいね

それおもしろいね笑




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]