working

「楽しくない」という理由で会社を辞めるのは、全然おかしくない

投稿日:

こんにちは。いしざわです。

今回は、「楽しくないなら会社を辞めた方がいいよ」という話。

「仕事だから」は古い

「仕事だから」という理由で、やりたくないことでもできちゃう人いるじゃないですか。

僕、無理なんですよ。

会社の指示だから仕方なくやっているけど、本当はおかしいと思っていること、皆さんはありますか?

会社が大きくて古いほど、そういう我慢ありますよね。

頑張るのと我慢するのは違う

頑張ることは大事だと思います。

でもそれは、上で言った我慢とは違うんですよ。

目的を果たすため、会社の理念をまっとうするために頑張るのは、超やりがいあります。

でも、無駄なことを我慢してやるのは、よくない。

体こわしますね。

楽しいことをしないと持たない

そもそも、この「我慢で乗り切る」という作戦は年々通じなくなるはずです。

今の1年は、1980年代の1年とスピードが違うからです。

ネットなどの技術の進化で、日々の情報量は格段に増えました。

情報量が増えるということは、ストレスのかかり方もめっちゃ増えているということです。

我慢しきれないですよ。

そのためには、「我慢」がないことをするしか選択肢がありません。

下降トレンドが見えたときは「売り」

「今までずっと楽しかったけど、最近どんどんつまらなくなってきた」という人。

辞めどきかもしれませんよ。

もしかしたら幸運にも人事異動とかメンバー変更や新規案件発生で楽しくなるかもしれません。

でも、つまらなくなっているのならば、今後もっとつまらなくなる可能性のほうが高いです。

僕は株トレーダーなので、「下がり始めたらすぐに売る」ことが習慣になっています。

なぜ下がり始めたら上がるよりもさらに下がることが多いのか。

それは、相場にも重力があるからです。

上がるより落ちるほうが速い。

僕らの活力にも、重力ありますよ。

AB2E7182 71C6 463A A9BD F99612BB2273  1

次のアイデアをつくろう

完全に疲れ果てて心が折れる前に、早めに辞めましょう。

その準備として、「次の作戦」を立てましょう。

会社員を続けるのか、起業するのか。

何も思いつかない人はどうすればいいか?

ブログを始めてください。

ブログを書いているうちに、自分が好きなこと、やりたいことがわかってきます。

また、発信しているうちに意志も固まってきます。

ブログは本当おすすめ。

それおもしろいね

年長者は、楽しくないとか疲れたとかいう理由で会社辞めようとすると、「根性ないな」「そんなアホな理由で辞めるのか」みたいなことを言ってきます。

でも、無視しましょう。

情報量が少ない時代には、「我慢」によって乗り切ることが可能でしたが、これからは無理です。

最も守るべきは、自分自身の心と体です。

そこさえ守れれば、新しい挑戦なんていくらでもできますよ。

「会社の事業が死ぬほど好き」じゃなければ、すぐに辞めろ
こんにちは。いしざわです。 「定年まで会社員をやる時代じゃない」という話を聞くことが多いです。 我慢なんて限界あるでしょ ...
行きたくない会社を辞めないのは、株で損切りできないのと同じ
こんにちは。学ぶデイトレーダーのいしざわです。 僕が会社を辞めた理由 僕は去年、会社を辞めました。 会社を辞めるのは、2度目...



■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-working
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ニートは楽しいか

私は、会社を辞めたことがあります。株式売買があったので、お金が必要な日は稼げたのですが、生活態度はニートに近いものがありました。 今日はそのときのことを思い出しながら紹介します。 腰が痛い ニートをす …

無職デイトレーダーの僕が痛感する、会社員を経験する2つのメリット

こんにちは。いしざわです。 僕は、会社員を10年以上やりました。 新卒で証券会社 ↓  退職してデイトレーダー(儲かったけど友達いなくて寂しかったw)  ↓ 教育系企業に入社  ↓ デイトレーダー(イ …

会社員が人生をおもしろくするために必要なインプット源はこれだ!part1

会社員をやっていると、頭が悪くなる。 限られた箱の中で、限られた知識しか使わないからだ。 昔、立花隆さんが、文藝春秋に入社して時間がなくて読書量が減って、「積ん読の山を見て、得るべきだった知識がこんな …

『生産性』(伊賀泰代)を読めば、確実に会社が楽しくなる!

伊賀泰代さんの『生産性 マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの』を読みました。 生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの posted with ヨメレバ 伊賀 泰代 ダイヤモンド社 2 …

no image

資料作成もプレゼンスライド作成も、アイデアが出ないときは本に頼ろう!

先月から今月にかけて、アウトプット過多なので、アイデアがわかない。 そんなときは、資料やプレゼンスライドも低調だ。 「こんな図解にしたらおもしろいんじゃないか」というアイデアが出ない。 わたしは、本に …