それおもしろいね

まなぶことで資産を増殖させるブログ

転職できるスキルがあるかどうかなんて、会社を辞めないと分からないぜ

calendar

こんにちは。いしざわです。

会社員のスキルについて考えてみます。

なんもスキルない気がした

新卒で入った証券会社での、営業。

僕がもっともきつかったのは、将来が見えないことでした。

「この仕事、意味あんのか?」

「このまま続けたら、自分はどんな30歳になるんだ?」

やべえんじゃねえか。

終わっちゃうんじゃないか。

株に詳しくなっている気もしないし、営業だって全然できない笑

どう考えても、辞めて転職とかしても活躍するイメージがありませんでした。

本当にスキルなかった

1回目のデイトレ生活を経て、金融とは無関係の会社に就職しました。

入ってみると、

・個人向け営業は、やはりできませんでした。(前職でそれしか経験ないので、営業で転職するしかなかった)

・金融については、周りの人よりも当然詳しかったです。

・っていっても、金融機関じゃないから、そんなの役に立ちませんwww

・会計・財務なら一般的に役立ちそうだが、それは詳しくなかったです笑

やばいですねえ。

使えないですねえ。

僕に限らず、大企業の若手だと何もできないこと多いですよね。

権限もないし。

でも、それでいいと思います。

はったりをつかおう

要するに、どの分野で一番になるか決めればいいんです。

僕は、詳しいと思われている「財務会計」あたりにしようと思いました。

本を買って、簿記とかファイナンスとか経営学とか、ゴリゴリ勉強しました。

社内での発言も、それっぽくしました。

だんだん、本当に詳しくなってきました。

そして、タイミングよく、管理部門に異動することができました。

わーいわーい。

できることから得意なことに寄せよう

そうやって引き出しを増やしていった僕ですが、30代になって軌道修正したくなってきます。

「本当は何が得意なんだろう」

と考えたんですよね。

「攻めについて考えること」

出した答えがこれでした。

「今の延長戦上でできること」から、「元々持っていると信じる特性を活かす」ことにシフトしました。

そのころ、「ストレングス・ファインダー」もやってみました。

僕の上位資質は、

「着想」、「未来志向」、「親密性」、「コミュニケーション」、「活発性」。

上2つ、企画をやれって言っているようなものですね笑

ストレングス・ファインダーは、『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』という本についているコードを使うと、無料で診断受けられます。(コードは1回のみ有効なので、新品を買わないとダメ)
今度新版が出るようなので、今から買う方はこちらを予約したほうがよさそうです。
さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

その後は、自分がやりたい仕事ができるようになりました。

めでたしめでたし。

はったりがきく程度には分かったことが大事

僕は、上で書いたように「はったり」によって、「苦手で嫌いな仕事」→「そんなにストレスなくできる仕事」→「好きで得意な仕事」とステップアップできました。

運が良かったのは確かです。

でも、それ以上に重要なのは、

「はったりがきく程度には周囲の人よりも強い部分があったこと」

です。

自分がまだ完璧にできないことでも、ある集団の人がゼロからやるよりは早かったりします。

たとえば、経理の人よりもWebデザイナーのほうが、エンジニアに転身するのは簡単じゃないですか。

それと一緒です。

問題は、「他の人よりちょっと詳しいこと」が自分ではわかりにくいことです。

証券会社にいたら、株の話なんて全員知ってますからねw

それおもしろいね

自分の振り返りも兼ねて書いてきましたが、

1回は転職したほうがおもしろい!!!

これだけは言えますなあ。

モヤモヤしている人は、自分が少しだけ詳しくなっているものを突破口にしてみましょう。




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]