working

無職デイトレーダーの僕が痛感する、会社員を経験する2つのメリット

投稿日:

こんにちは。いしざわです。

僕は、会社員を10年以上やりました。

新卒で証券会社
↓ 
退職してデイトレーダー(儲かったけど友達いなくて寂しかったw) 

教育系企業に入社 

デイトレーダー(イマココ)

という経歴です。

とてもいい経験をしました。

機会があったら、また会社員もやってみたいです。

今日は、そんな僕が「会社員をやってよかった」と思っている点を書いてみますね。

上下関係の中に身を置ける

僕はいわゆる、ガチの体育会系みたいな世界にいたことがありません。

そして、先輩だから意見も言わずにすべて従うみたいなのが苦手です。

苦手というか、絶対に嫌です。

僕は、それがコンプレックスでした。

だって、みんな普通にできるじゃないですか笑

おかしいことがあったとき、「仕事だから」とか「会社だから」で我慢するのって難しいですよね。

お酒ついだり、常にえらい人のことを気にしたり。

なんか、そういう「ザ・社会人」みたいな基本は、会社に入らなければ身につかなかったです。

これがなかったら、今ごろ僕は誰にも相手にされなかった気がします。まじこえー。

異動を繰り返して引き出しが増える

toCの営業としてキャリアをスタートさせた僕は、いくつかの部署を経験しました。

2社目は長く働いたので、人事異動があります。

管理部門にも行ったし、企画の仕事もしました。

0BC06457 53D1 4917 B5C7 A2A91AF11D3E  1
僕は、幸せ者です。

能力以上のことを任せてもらえましたから。

違う毛色の仕事をすると、「意図せずできるようになったこと」ができるんです。

いわゆる引き出しというやつですね。

就職していなかったら、視野が狭い状態で自分がやりたいことだけやっていたことでしょう。

また、本当の意味で自分の強みがわかったのも会社員をやったからです。

一口に仕事と言っても、いろいろありますよね。

得意な仕事、苦手な仕事、好きな仕事、嫌いな仕事。

僕は20代のころ、世の中には僕の好きな仕事なんてないと思っていました。

きっと僕は、働きたくないんだ。どうせ働くなら、「プロ」として完璧でなければならない。

そういう意味不明な思考でした。(ほんと意味不明ですねw)

30代になって上司や同僚に恵まれた結果、僕は自分が得意なことをさせてもらえました。

その経験がなかったら、「いざとなったらビジネスくらい作れるだろ」などという今この瞬間の自信はなかったかもしれません。

それおもしろいね

おもしろいことに、僕はかつてのデイトレーダー生活のときよりもトレードの効率が圧倒的に上がっています。

人に教えることもうまくなりました。

全部、会社に入って人間的に成長できたからです。

今大学生で、「就職か起業か」悩んでいる人も多いでしょう。

正解はないのですが、僕は起業アイデアがないのであればテキトーに1つ会社入ってみたらいいと思います。

僕は証券会社にいる間、まじで絶望的な気分でした。

時間がめっちゃ長く感じました。

『雨宮鬱子の証券会社で働いたらひどい目にあった』という、「証券大変だぞw」みたいな本があるのですが、男女は違えどこんな感じでした。
証券会社を受けようと思っている大学生は必読です笑

それでも、今思えばたかだか3、4年で「軍隊の礼儀」みたいなつまらないものに触れることができてよかったです。

若ければ、なんでもいい経験ですからねえ。

『ワーク・シフト』と『ライフ・シフト』を読めば、「なんだ、人生超長いじゃん!」ということが分かります。

これからどんな人生にしようか考えるのに役立ちますので、未読の方は読みましょう。

正解なんてないので、いろんな経験しましょうね〜。




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-working
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

「会社つまんない」と思っているあなたは、自分の会社のビジネスモデルを説明できますか?

一口に「会社がつまらない」と言っても、いろいろな「つまらない」があります。 ここでは、「自分の仕事は、意味がないものだ」と思ったときに感じる「つまらない」を指すことにします。 Contents1 全体 …

no image

加地選手に学ぶ新天地の楽しみ方

加地選手がアメリカ(MLS)に移籍して、サッカーの種類の違いを感じつつも、プラスになっているという記事を読んだ。 「30歳まではサッカーが嫌いだった」元日本代表・加地亮、新天地での今。 自分はスポーツ …

新社会人に送る「とりあえずやっておいたほうがいいこと」第1回

とりあえず積み立て 社会人になると、学生時代よりも手取りが増えるという人が大半でしょう。 だからなんとなく、 「お金あるじゃん。」 という気になって使ってしまいます。 そして3年後 「あれ、貯金ない。 …

「仕事とプライベートでスケジュールを分けるべきではない」というのを信じていたが、分けたほうが楽しいんじゃないかと思えてきた話

今年はジブン手帳というのを使っている。 時間の目盛が用意された、バーチカル式と呼ばれるタイプの手帳で、即完売した人気商品だ。 バーチカルは、予定の長さを視覚的に捉えることができるのが長所だ。 どの本を …

次の会議の司会を”むちゃぶり”されたらやるべき7つの作業 第1回

よくわからないのに、会議の司会とかやらされると困りますよね。 どうしていいかわからない。 私も最初そうでした。 でも、1年くらいやると、だんだんコツが分かってきました。 今回は、 「うおーー。司会いや …