working

「会社の事業が死ぬほど好き」じゃなければ、すぐに辞めろ

投稿日:

こんにちは。いしざわです。

「定年まで会社員をやる時代じゃない」という話を聞くことが多いです。

我慢なんて限界あるでしょ

大半の会社員は、日々ストレスをためながら働いています。

「仕事だから」と、我慢しているんですね。

こういうときに、「先輩や旧世代の人だって頑張ってきたんだ」と考えがちです。

でもそれは間違い。

時代を追うごとに情報量は増えています。

それは、ストレスをも増やすわけです。

メールがあってスマホがあって、グループウェアもあって。

手書き、手紙の時代と比べてもしかたがない。

うつ病になる前に逃げよう

そんなわけで、ストレス社会などと言われているんですね。

じゃあどうしたらいいんでしょうか。

逃げることです。

なるべく嫌なことが近づかないようにする。

僕は会社員時代、梱包などの「手先器用」系だけは「できません」と言っていました。

本当にできないから。

それと、できるけどやりたくない仕事も避けました。

事務のような、ずっと同じことの繰り返すのは、嫌いだったからです。

そういうのを言っていいと思えるまでに、何年もかかりましたけどね。。。

D1208B8E ADCD 4FD6 9346 851DFE8DEF94  1

会社とその事業は大好きですか

会社に行くだけで、どんどんストレスがたまっていく。

こわい時代ですね。

いつか病みますよね。

会社員を続けていい人もたくさんいます。

それは、自分の会社が大好きな人です。

このポイントは大事です。

仕事の充実感で最も大きいのって、「自分が役に立っている」と思えることですよね。

もし自分の会社の事業が「お客さんを騙すものだ」に見えていたら、毎日心にダメージを蓄積しているはずです。

やりたいことをやるのが安定

会社の事業が大好きで、それに関わる。

これは、「やりたいことをやっている」わけですよね。

最高です。

個人でやるよりも、大きな組織でやるほうが社会に与える影響も大きい。

そうでない人は、辞める準備をしましょう。

病んでしまったら、戻るまでに3年とかかかります。

今のうちに、自分なりの新規事業(複業)を作りましょう。

それおもしろいね

僕は2社目の会社で、とてもやりがいを感じながら働くことができました。

だから、「会社辞めるのが絶対いい」とは思えません。

でも、我慢フェーズに入ったら、そのうち限界がくるのではないでしょうか。

「あと50年耐えよう」って、文字にするだけで無理だと思いませんか???

「そうねえ」と思った人は、働き方の本を何冊か読んでみましょう。
まずは「違う道もある」と認識することが大事です。
この3冊、おすすめです。




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-working
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

残念な上司・同僚の口癖「でも」

Wantedly CEO の仲暁子さんの本を読みました。   <参考>Wantedlyとは なにをやっているのか Wantedlyはシゴト充実化プラットフォームです。具体的には、 …

「いろいろ教えてください」だけでは、仕事はできない。自ら聞きにいく勇気を持とう

わたしはザコだが、企画の仕事は人並みにできる(と思っている)。 新しく異動してきたメンバーは、「スキルを上げたいので、いろいろ教えてください」と言う。 最近気づいたのだが、その後の行動が人によって異な …

大人数に対してのプレゼンを成功させるコツ 慣れていない人ほど気をつけるべき3つのこと

大した時間ではないのだが、600人以上の相手に対してプレゼンする機会があった。 普通の人に、ジョブズのプレゼンをしろと言っても無理だ。 わたしも普段、あまりそういう機会はない。 せっかくなので、今回気 …

20代で嫌いなことをしておくのも悪くない。何で嫌いかを考えないと時間のムダだけどね。

よく、「好きなことを仕事にしよう」とかいう話を聞きます。私のこのブログも、「明日会社行きたくない」を減らしたいという思いで書いています。ただ、一方では、好きじゃないことをやったほうが、好きなことがはっ …

いい仕事がしたければ、会社を休みなさい

伸び悩む若手を見ると、思うことがある。 会社をサボってみたらいいのに、と。 会社を休むとはどういうことか 平日に会社を休む人は、仕事の上達が早い。 休むという決断をするのは、実は簡単ではない。 自分が …