読書

『しないことリスト』(pha)を読んで、自分の人生を取り戻そう!

投稿日:

こんにちは。いしざわです。

カリスマニートphaさんの『しないことリスト』を再読しました。

読むのは1年ぶりくらいです。

会社を辞めて、僕の状況が変わっています。

だから、以前に引っ掛からなかった箇所にも反応しました。

「しなきゃいけないこと」なんて、ない

・今の世の中には無数の、

「しなきゃいけないこと」

があふれている。

・その理由の一つは「情報が多すぎるから」だ。

・そして、もう一つの理由は、「そのほうが儲かるから」だ。

・いわゆる「しなきゃいけないこと」の99%は「本当は別にしなくてもいいこと」だ。

phaさんは、現代社会が、不安を煽ってお金を使わせることが常套手段化していると言います。

僕も、思い当たるフシがあります。

資格試験の勉強とか、まったくする必要がなかったです。

真面目な人ほど、「しなければならない」と思いがちですよね。

でも、本来何もする必要がない。

じゃあ、ホント何やってるんでしょうね笑

余裕を持って生きるには

・「しなきゃいけないこと」に追いかけられずに心に余裕を持って生きていくには、どうしたらいいのだろうか。
結局、自分の頭で「それは本当に自分に必要なのか」を一つ一つ考えていくしかない。

他人軸で考えると、もはや不安しかないですよね。

自分よりお金を持っている人、有名な人、スキルが高い人……その人たちに合わせて「すべきこと」を追加したら、身が持ちません。

人のこととか、気にしたら負けですなあ。

本書では、しなくていいことを、36個のしないことリストに分類して読者の頭を少しずつ整理してくれます。

  • 第1章 環境をスッキリさせる所有しないリスト
  • 第2章 行動をラクにする努力しないリスト
  • 第3章 意識をラクにする自分のせいにしないリスト
  • 第4章 人生をラクにする期待しないリスト
  • しないことリスト

    ここからは、36個の中から、僕が特に印象に残ったものを紹介します。

    買い物をしない

    ・日常的に1000円ののものを買っていると一万円のものを買うだけでテンションが上がるけど、日常的に一万円のものを買っているとテンションを上げるには10万円のものを買わないといけなくなる

    ・普段はあまりお金を使わず安いもので適当に暮らして、たまにちょっとだけ高いものを買う、というのが一番効率のいい暮らし方じゃないだろうか。

    僕はこれまで、phaさんのこういう発言を目にするたび、「ああ、自分には無理だわあ」と思っていた。

    「洋服とか買いたいし、本には無制限にお金を使いたいからなあ」と。

    ところが今、僕は「そうだよね、そうだよね」と思っています。

    会社を辞めたからでしょう。

    お金で解決しない

    お金を稼ぐために働いて、そのことでストレスを溜めて、そのストレスを解消するためにお金を使ってしまう、ということがないだろうか。

    いやああ。

    「ないだろうか」っていうか、僕はむしろ、それしかなかったですよ!

    1月3日に、NHK BS1で『欲望の資本主義2017 ルールが変わる時』という番組を見ました。

    上で紹介したツイートは、それについて言及したものです。

    セドラチェクの視点は、本当に目から鱗でした。

    僕は、phaさんの言う通り、「ストレスでモノを買ってしまうからお金が貯まらない」という原理は理解していたつもりです。

    でもそれは、因果関係が逆かもしれないわけですね。

    買うことありきで、そのために働くという壮大な茶番w

    phaさんも「買い物をしない」のところで

    この消費社会では、人の欲望をうまく煽ってなんとかモノを買わせようとするテクニックがとても発達している。

    と書いています。

    現代社会、付き合ってられないですね。

    さて、この「お金で解決しない」は、お金と時間の互換性についてのページです。

    ・僕みたいに体力がない人間には、お金がなくてものんびり自炊したり、散歩をしたり、友達と喋ったりという、そんな時間に余裕のある暮らし方が向いている。
    ・目まぐるしく進む社会のペースに惑わされずに、自分のペースに合った暮らし方を見つけよう。

    これも今、実感しています。

    長い時間労働することって、マジで意味ないですね。

    労働時間を減らせば、手元のお金が増えますよ!

    それおもしろいね

    他にも紹介したいエピソードが満載の本書。

  • 疲れている人
  • 自分の人生を取り戻したい人
  • におすすめの1冊でした!




    ■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
    101年倶楽部、メンバー募集中!

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でフォローしよう!

    -読書
    -, , ,

    執筆者:


    comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    関連記事

    「やりたいことをやればいい」ホリエモンによるG、L、N人材の話。

    こんにちは。いしざわです。 今回は、堀江貴文さんの『すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)』の中から、「G人材、L人材、N人材」について。 Jpeg Contents1 そ …

    日曜日の毎日新聞、書評欄「今週の本棚」だけでも買う価値あり。140円だよ!

    日曜日は、毎日新聞を買っています。 書評欄が充実しているからです。 書評欄は、「今週の本棚」。 池澤夏樹さんの『知の仕事術』で知りました。 知の仕事術 (インターナショナル新書) posted wit …

    『言葉を使いこなして人生を変える』を、ゆっくりゆっくり読んだ

    こんにちは。いしざわです。 はあちゅうさんの『言葉を使いこなして人生を変える』を読みました。 Contents1 ゆっくり読むエッセイ2 小説のようなエッセイ3 共感もした4 それおもしろいね ゆっく …

    「アイデアの作成はフォード車の製造と同じ」by『アイデアのつくり方』(ジェームス・W・ヤング)

    こんにちは。学ぶトレーダーのいしざわです。 『アイデアのつくり方』を再読しました。 Contents1 名著2 内容2.1 原理と方法2.2 2つの原理と5つの段階3 それおもしろいね 名著 『アイデ …

    本が読みたくて会社を辞めた僕が考える、「わからない」本を読む意味

    こんにちは。学ぶデイトレーダーのいしざわです。 「学ぶデイトレーダー」とか名乗るくらいなので、僕は読書が好きです。 毎日読んでいます。 会社を辞めた理由のうち、「本を読む時間を増やしたい」はかなり上位 …