others

鹿島勝利と事前予想したデイトレーダーによる、クラブワールドカップ生観戦記

投稿日:

こんにちは。学ぶトレーダーのいしざわです。

僕は30年来のサッカーファンで、人生全般を学べるサッカーの試合を観戦するのが趣味です。

クラブワールドカップ2016決勝。

横浜国際総合競技場に行ってきました!

試合の前日、僕は、こんなブログを書きました。

鹿島アントラーズがレアルマドリーを倒しそうな気になってくる、5つの論点
こんにちは。30年来のサッカーファン、いしざわです。 クラブワールドカップ2016、いよいよ決勝戦ですね。 開催国枠の鹿島アント...

鹿島が勝つと思ったんですよね。

僕は性格上、多分に逆張り癖があることは確かです。

でも、それを差し引いても鹿島が勝つことは可能だと考えていました。

早い時間の失点

前述の「鹿島勝利」の予想。

これは、条件つきでした。

その条件とは、「前半15分までに失点をしないこと」です。

マドリーの選手に、「あれ、点入らないぞ」と思わせることは必須です。

早々に失点してしまったら、いつものプレイをされてしまいます。

実際には、マドリーは前半8分で先制点をとりました。

「現実は厳しいな」

と思いました。

でも、鹿島はそこで折れませんでした。

丁寧にペースを取り戻し、同点、逆転と、なんとリードを奪ったのです。

恐れ入りました。

鹿島にあって他のJクラブにないもの

仮定の話をしても意味はありませんが、「鹿島だからここまでできた」んですよね。

過去には準決勝でガンバ大阪がマンチェスターユナイテッドと、浦和レッズがACミランと戦い、善戦しました。

その2試合と比べても、今回のマドリーの追い詰められ方は数段上だったと感じた人が多かったのではないでしょうか。

「鹿島の術中に、マドリーがハマった」んです。

すごい。本当に。

Jリーグファンの間では、鹿島の試合運びの巧みさは有名です。

そして今回、鹿島はそれを世界最強クラスのチーム相手に見せました。

鹿島アントラーズが20年以上かけて作り上げてきた「勝ち方」。

長い時間をかけて、コツコツと積み上げることの大切さを、再認識しました。

「継続」をテーマに成長しようという段階の僕にとっては、この試合は最高の教材になりました。

日本人がサッカーを理解するのはいつの日か

スター軍団のレアル・マドリーだけあって、たくさんの観客。68,000人以上。

僕の席の周りにも、マドリーのマフラーを巻いた人が大勢いました。

試合中も、その人たちの会話が聞こえてきます。

「ロナウドだ」「スゲ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━!!!!」「うめー!」

C.ロナウドの、流れとは無関係のフェイントにも会場がどよめきます。

基本的に、ボール扱いのみに歓声がわいていましたね。

鹿島が作り上げてきたものが、「試合運び、勝ち方」だとしたら、対するマドリーは「スター選手の個の力の足し算」でサッカー界を制してきたチームです。

だから、ある意味でお客さんの反応は正しいんですよね。

マドリーは、サッカーではなく選手を見るべきチームですから。

でも、あえて言いたい。

たとえスター選手のプレイを見て楽しんでも、試合の流れに無頓着なままでは、チケット代がもったいない!

前半を1−1で折り返したとき、僕の周りの人たちが口々に言いました。

「これでレアルが後半本気を出すからおもしろい」

はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ?

タイトルがかかっているのに本気を出さないチームなんてありませんよ!!!!!

ずっと本気ですよ!

本気なうえに、さらにギアを上げてくるんですから、同時にスキも生まれるんですよね。

そこを鹿島がどう突くか、それともマドリーが押し切るのか。

それこそが見所なのに。。。

楽しみ方なんて人それぞれ。

それはわかります。

でもさあ。。。

ああ、ちなみに、柴崎が2点目を取った時、そのみなさんは絶句しておりました笑

試合は90分で決着がつかず、延長戦に。

後半途中から、鹿島の質は徐々に落ちていきました。

これが、実力差ですね。

延長戦。僕は「3点とられて5−2になる」と予想しました。

でも、鹿島はまたもや予想を裏切り、1点とられてもなお、追いつきかけました。

自分は甘い。今日の鹿島のように、勝負にこだわらなければ何者にもなれない。

密かに反省しました。

鹿島アントラーズ、素晴らしかった!

それおもしろいね

鹿島アントラーズの試合は、勝負事のおもしろさを教えてくれます。

サポーターではない人も、観戦してみると非常に勉強になりますよ。

来シーズン、この経験をした鹿島がどんな試合を見せてくれるか、今から楽しみですね!

 

<他にもサッカーに関する記事を書いています!>

野洲対青森山田 高校サッカー選手権2012年12月31日の記憶
2012年12月31日、駒沢で第91回高校サッカー選手権を生観戦した。 2試合あったうちのひとつ、野洲高校と青森山田高校の試合が忘れら...
仕事で自分のプロジェクトを成功させたければ、「自分たちのサッカー」をしてはいけない
「自分たちのサッカー」の範囲はどこまでか サッカー日本代表の「自分たちのサッカー」が話題になっていましたね。 「自分たちのサ...



■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-others
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

「聖和学園、持ちすぎ」という批判はナンセンス。高校サッカーの最大の醍醐味は、スタイルの戦いである。

野洲が聖和学園に敗れ、聖和学園が青森山田に敗れた。 前者の試合は三ツ沢でスタンド観戦した。 後者の2回戦は、青森山田圧勝を予想して、行かなかった。 野洲は単発で、聖和学園は連動している? 三ツ沢での1 …

no image

シン・ゴジラは圧巻。

シン・ゴジラをみてきた。 庵野監督の作品だというので、興味があったのだ。 怪獣とか特撮っていうジャンルには興味がないが、才能に触れるのは楽しい。 エヴァンゲリオンとの共通点がどうのこうの、も見どころな …

no image

あなたが「人生つまらない」と思うのは、保坂和志を読んでいないからだ。

「自分の人生は、人に言えるようなこともないし、本当につまらない」 若い人ほど、そう思っているのではないでしょうか。 そんな人におすすめしたい小説があります。 芥川賞作家、保坂和志さんの「カンバセイショ …

5月6日にBS1でオシムの特番があるらしい!

昨日オシムの記事を書きましたが、何と連休中にBS1でオシム特番があるとのこと。 タイミングいいです笑 BS1スペシャル「オシム73歳の闘い」 BS1  5月6日(火)午後10:00~10:49 日本代 …

no image

オランダ代表ファンハールさん、5バックの意味を分かっていなくてごめんなさい。ナメてました。

ブラジルワールドカップ予選リーグB組 スペイン 1ー5 オランダ 前回優勝のスペインから、オランダが5ゴール。 快勝でした。 え?4−3−3をやめたって? オランダは他国以上に「自分たちのサッカー」が …