それおもしろいね

まなぶことで資産を増殖させるブログ

「全部kindle」という日は来ないけれど、「紙かkindleどちらがいいか」なんて議論は消滅するよね!

calendar

こんにとは、いしざわです。

僕は、本が好きです。

だから、「本棚に入りきらない本をどうするか」という問題を常に抱えています。

引っ越しや大掃除のときに、ブックオフに売っています。

持つべき本は、時とともに変わる

頭の中身は変わります。

年齢、自己成長、職業、家庭環境など、様々な要因によって。

当然、それに合わせて読む本も変わっていきます。

僕は会社員時代、職種変更を伴う異動が多かったので、ごっそり「頭の中を入れ替える」ように、本をブックオフに売っていました。

P 20161122 175032

kindleによって何か変わるか

「今の自分には必要のない本」も、kindleのような電子書籍(以下「kindle」)ならば売る必要はありません。

これは、すごいことですね。

これまではスペースや気分の問題でブックオフ行きだった本たちが、蔵書でいられるのですから。

僕は今、紙の本とkindleを併用しています。

両者には、(僕の中では)今のところ明確な役割分担があります。

情報をとるだけならばkindle。

普遍性がなさそうな本はkindle。

本棚に並べておきたい本は紙。

マニュアルのように、あとでパラパラめくる必要があれば紙。

コミックは極力kindle。ただし、浦沢直樹と井上雄彦と水島新司はkindle化されていないので、無条件に紙。

という感じです。

みなさんもそんな感じですか?

全部kindleではダメか

こうやって書いてみると、「全部どっちかにしないと気持ち悪くない?」という自分ツッコミが発生します。

「すべて紙」→これはこれでありですが、kindle登場以前に戻るだけなので、議論になりませんね。

「すべてkindle」→こっちの可能性について考えてみましょう。

  • ページをめくる体験がつまらない
  • あとどれくらいあるのか感覚的にわからないから、読み切る意欲が上がらない
  • あとでパラパラめくりたい場合、不便(ハイライトとは全然違う)

要するに、読書は単なる情報収集ではなく、自分の中に学びを起こす活動なんですよね。

その観点では、今は紙の本に軍配が上がります。

「おもしろそうだから、ためしに読んでみる」ということはよくあります。

強い思い入れがあるわけではなく、本によってはもう読み返しません。

そういう本は、kindleで読んだほうがいいですね。今だとブックオフ行きですから。

本を所有するって何だ

kindleであれば、端末から消してもクラウドに本が残ります。

手放しても蔵書です。

これは、結構パラダイムシフトです。

今さらそんな話かと思われるかもしれません、

でも、あらためて考えるべきことですよ。(だって、結論出てませんもの)

クラウドに「所有」しているkindle本と、「借りている」に等しいkindle unlimitedの本では、いったい何が違うのでしょうか。

「今のままならば」同じです。

が、僕は、今のままではないはずだと考えています。

よく、「所有」という概念がなくなると言う人がいます。

あれ、嘘ですね。

本の歴史に詳しくないのですが、そもそも現代の本は、印刷した「コピー」みたいなものです。

だから、大昔の人からしたら「そんなもの、持っているうちに入らん。著者が直接書いたものを持つのが所有だ」という話です。

でも僕たちは、紙の本を「持っている」と認識しています。

不思議ですね。

だから、kindleのような電子書籍も、今よりももっと「僕はこんなに本を持っているなあ」と、感じられるはずです。

今は、「タブレットにファイルが並んでいる」ように見えているのがビミョーなんですよね。

もっと、電子本棚がタブレットから外に出てきて投影される、とかのほうが楽しいですね。

できればkindleに集約したい

理想は、

  • 基本的にはkindle
  • 本棚に並ぶこと確定の「自分の人生を象徴すること確定」の本命本は最初から紙
  • kindleで読んだうち、どうしても思い入れが強ければ紙も購入

という感じにしたいところです。

それには、前述のkindle不都合が消える必要がありますが、近いうちにはそうなるんでしょう。

もし同じ物理的な本棚のとなりに電子本棚が並んでいたら、結構壮観じゃね?とか思うわけです。

それおもしろいね

もし「基本的にはkindle」という状態になったら、今と全然違うことが起こります。

今、時代は「読み飛ばされること」に慣れています。

むしろ、その前提で文章が書かれています。

「情報量が多い時代」です。

でも、それでいいんでしょうか。

つまらなくないですか、それ。

だから僕は、素晴らしい本を、「ページが擦り切れるまで読む」ってやつを、kindleでもできる時代が来ることを願っていますよ。




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]