learning

これからやりたいのは学ぶことだから、わたしはどこに所属するかを真剣に考えようと思う。

投稿日:2016年3月13日 更新日:

学ぶことを、とても重視している。

これから、どんどん突き詰めていきたい。

誰と学ぶか

わたしはこの6年間くらい、人間関係を広げてきた。

特にこの2年間は、人間関係というよりも、「コミュニティへの参加」を意識してきた。

最近になって、自分がやりたいことは学ぶことなのだなと気づいてきた。

そこで考えるべきことは、「誰と学ぶか」である。

どんなコミュニティで学習するかで、学びの深さは変わってくる。

単に友達を増やすのであれば、共通の興味関心さえあれば楽しくやれる。

だが、それで学べるかどうかはまったくの別問題だ。

周りが学びたい人ではないコミュニティではなく、「学ぶ気満々」な仲間たちと一緒に頑張りたいと思うのだ。

わたしは、広げすぎたかもしれない人間関係を見直し、さらに自分の学びにつなげようと思う。

一人ではダメなのか

そもそも、一人で学ぶのではダメなのかという疑問が発生するかもしれない。

友達に励ましてもらえなければ頑張れないのか、と。

わたしのいう「誰と学ぶか」は、心が折れないように友達を誘おうみたいな話ではない。

同じ話を聞いても、人によって感じ方が違うし、理解する内容が違う。

その違いは自分の気づきになるし、自分が学んだことを仲間に説明するだけで、客観的に自分の学びを理解できる。

そうやって、常に自分の学びを進化させていくには、 一人で頑張るよりも、学ぶ気満々なコミュニティにいるほうがいいことは、言うまでもない。

学んだことは、このブログで紹介していく。




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-learning

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブログを書く理由を、しつこいけどまた考えてみた。

ブログのコンセプトを見直す作業として、「なぜ書くのか」を自問自答してみる。 なぜ書くのか わたしは、「学ぶ」のはおもしろいと思っている。 まず第一に、自分が学習したい。 世の中のおもしろいことを、たく …

今日の読書 2016年6月15日

悩みどころと逃げどころ 今日も、ちきりんさんとウメハラさんの対談本を読み進めました。 悩みどころと逃げどころ (小学館新書 ち 3-1) posted with ヨメレバ ちきりん,梅原 大吾 小学館 …

ツナゲルアカデミー第2講のまなび beingとdoing

ツナゲルアカデミーの感想2回目。 立花岳志さんのパート。 beingとdoing あり方と、やり方。 どうありたいか。 この問いは、わたしも最近大切にしている。 立花さんは、iPhoneアプリなどでの …

3月振り返り1 カフカ、小島信夫、肉リマン!

3月の振り返りを忘れていた。 前半は『審判』 3月に書いたブログを見ると、前半はカフカの『審判』を読んでいたようだ。 2月の『城』に続いて、カフカを読んで作品についてぼんやりと考え続けるのは、とても心 …

カフカの『城』を丁寧に読んでみる。ゆっくりじっくり小説を味わう。

カフカの『城』という小説を読み始めた。 まだ30ページほどだ。 まだ設定すら把握できない。 そこがまた、おもしろい。 本のつまみ食い禁止 わたしは、本が好きだ。 読むのも好きだが、買うのも同じくらい好 …