それおもしろいね

まなぶことで資産を増殖させるブログ

noteが流行っている。今のうちに、せっせとブログ書かなきゃ。。。

calendar

noteで有料記事を書く人が増えてきた。

noteは、コンテンツをアップできるプラットフォームだ。

noteは、だれでも作品を投稿して、クリエイターになることができるサイトです。文章、画像、音声、動画など、さまざまな形式の作品を、かんたんに投稿できて多くの人に見てもらうことができます。作品を販売してもよし、ブログのように使うのもよし、自分だけのメディアをつくるのもよし。使いかたは自由自在です。 (noteのサイトより)

2014年に開始されたのだが、最近、イケダハヤトさんやはあちゅうさんなどのインフルエンサーによって俄然注目を集めている。

noteは、コンテンツそのものを有料で販売できるという点で、ブログとは異なる。

ブログは、アフィリエイトなどによる広告収入なので、正確に言うと「書いて稼ぐ」とは違う。

noteと同様、kindle出版も増えてきた。

こちらは、販売するまでの手間が多いのと、書き手ー読み手のコミュニティが形成されない点が、書き手にとってはnoteよりも不便である。

(もちろん出版なので、チャンスの最大値は高い)

noteが流行っていることの本当のおもしろさ

noteが流行り始めて、一番おもしろいなと思うのは、「人の動き」だ。

即座に反応して書き始める人、「あんなのはダメだ」と文句を言う人、傍観する人、読む専門に回る人など、様々だ。

今の時代は、新しい市場が始まった時の人々の反応が、こんなにはっきりと見えるのだなと実感する。

これはすごいことだ。

とても勉強になる。

note流行ってるから、ブログ書きます

わたしはといえば、「さらにブログを書こう」と思うに至った。

noteの有料・無料は、おそらくフリーミアム的な話なのかなと思っている。

無料版の量と質が、有料の売れ行きのバリュードライバーだ。

だから、有料記事を売りたければ、たくさんの良い無料記事が必要になる。

そこで、ひとつの問題がある。

その人にとっての、最も広いチャネルはどこなのかということだ。

すなわち、正面玄関はどこですか?という話だ。

わたしの場合は、このブログである。

正面玄関はブログにします

そして、このブログはまだまだ育て始めたばかりである。

時間と労力は、有限だ。

しょぼい玄関を2つ同時に作るのは、得策だと思わない。

ゆえに、わたしはこのブログを育てることを最優先することにした。

とはいえ、チャネルを増やすことがとても重要なのもわかる。

そこでnoteを、「無料のブログ」からの「有料版」という位置付けにしようと考えた。

長いものを1本書くことにした。今日ようやく書き始めた。

このコンテンツでは、かなりの自己開示を行いたい。
(もはや、知り合いには絶対に読まれたくないレベルである)

まとめ

要するに、個人がメディア戦略的なことを考える時代ということだ。

信じられない話である。

これからますます、発信が容易になるのだろう。

そして、内容はもちろんのこと、ビジネスセンスも問われてきそうだ。

他の人が何をしているのか見るだけでも楽しい。




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]