それおもしろいね序章

まなぶことで資産を増殖させるブログ

心が整えば、カフカが読める

calendar

今日もまた、カフカの『城』を読んでいる話だ。

 

<過去のエントリーから読みたい方はコチラ>

今日は50ページ読むことができた。

384ページまで進んだ。

謎の村に来てしまったKだったが、謎の人物として書かれていたバルナバスもまた、悩んでいることが明らかになった。

バルナバスは、最初は優秀な人物、続いて怪しい人物と、その像を変えてきたが、ここに来て彼にも苦悩があることが判明したのだ。

Kだけが仲間はずれだと思っていたら、そうでもなかったのだ。

しかも、K自身が測量師だという設定すら、少し怪しくなってきている。

まったく分からないことだらけでおもしろいし、少しだけ分かりかける感覚も脳に良さそうである。

小説を読む楽しさを実感できる1冊だ。

さて、この『城』ブログだが、作品紹介以外にも目的がある。

読書体験を通じて、生活や心境の変化を記録することである。

充実していると内容が頭に入ってくる

実は昨日は、読めなかった。

時間は、今日よりもあったのにだ。

気分の充実度で、読める読めないが変わるのはもちろんだが、内容の理解度も変わる。

今日は、ギリギリまで寝ていたので、だいぶリフレッシュした。

朝から、スラスラ、しかも楽しく読み進めることができた。

自分の変化が分かるから、1冊を読むのはいい

今回は、『城』を読了するまで他の本を読まないというルールを自分に課している。

ふだんは、何冊も併読しているので、珍しいことである。

1冊だけを読み続けているうえに、このブログを書いているので、自分の心境の変化がわかる。

まだあと200ページくらいあるので、どんな読書体験そして日常になるのか、とても興味深い。




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]