それおもしろいね

まなぶことで資産を増殖させるブログ

『ドカベン ドリームトーナメント編 別巻』は、水島作品を知らない人に優しい傑作選。これだけ読んでもおもしろい。

calendar

現在連載中のドカベン最終章『ドカベン ドリームトーナメント編』には、これまでの水島新司作品の主要キャラクターが勢ぞろいする。

水島作品は、『野球狂の詩』『ドカベン』など、連載終了からかなりの時間がたっているものが多い。

古本でしか入手できないものも少なくない。

だから、『ドリームトーナメント編』を読んでも、

「このキャラクター、知らないなあ」

「というか、元の作品自体知らないなあ」

ということが起こりがちである。

そんな人のために出ているのが、『ドカベンドリームトーナメント編 別巻』である。

『ドリームトーナメント編』の単行本で今まさに活躍しているキャラクターについての、元作品時の象徴的な回をピックアップした内容である。

今、『ドリームトーナメント編』(20巻)は広島東洋カープとの試合が描かれている。

20巻と同時に発売された『別巻6』では、『ドリームトーナメント編』で広島東洋カープに所属している選手達が登場する。

水原勇気&武藤兵吉(『野球狂の詩』)

渚圭一(『ドカベン』)

金太郎(『野球狂の詩』)

京極道太郎&埴輪進一(『極道くん』)

だ。

先日、「ドカベンドリームトーナメント編 20巻 水原勇気は素敵である」でも書いたが、水原勇気はドリームボールという魔球を投げる。

別巻6では、ドリームボールを一緒に開発したものの、移籍して敵になってしまった武藤と対決する回が収録されている。

水島漫画を代表する回だ。

P 20160211 205118

野球好きなのに水島新司作品に触れたことがないという方は、もったいないので手を出してみよう。




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]