learning

『嫌われる勇気』を読んで2年たっても覚えていた一文に、わたしは救われました!の巻

投稿日:

かつて読んだ本に救われた話をしたい。

2年前に出てベストセラーになった『嫌われる勇気』。

アドラー心理学を一般人のわたしたちにも知らしめた名著だ。

読んだ当時、とても印象に残った一文があった。

すべての悩みは「対人関係の悩み」である

そんなこと、思ってもみなかった。

でも、言われてみればその通りかもしれないと思った。

目から鱗とはこのことだ。

わたしは、とても気がラクになった。

元々、嫌われるのを恐れるタチだ。

でも、結構な確率で人から嫌われる(気がする)。

そして、ウジウジと悩むのだ。

そんな性格なので、人間関係の悩み、つまり「嫌われるのが嫌」なだけなくせに、何やかんやと理屈をつけて、複雑な問題であるかのように正当化していたのだ。

自覚なく、自分を守っていたのだ。

『嫌われる勇気』によって、何かに悩んだとき、「嫌われたくないだけかもしれない」と立ち止まって考えることができるようになった。

最近も、そのことによって無駄に悩むことを回避できたのだ。

もし『嫌われる勇気』を読んでいなかったら、「◯◯さんが□□なせいで、どうのこうの」と、悩んでいるポイントをすり替えてしまっていたことだろう。

本の持つ力は、すごい。

わたしは、『嫌われる勇気』を本棚の目立つ場所に移すことにした。

<第2弾も今月出る!>




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-learning
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

2015年を振り返るのです。まずは前置きなのです。

「1年間を振り返ってみよう」 毎年この時期になると、思うことである。 だが、実行するのははじめてだ。 わたしは、怠惰な人間なのである。 そんなわたしが、「振り返り」をしようとしている。 これは、明確な …

今日の読書 2016年6月15日

今日もマンガです。 この記録も3日目ですが、文章で残すのはいいですね。 読書ログのアプリとは違うものが残りそうです。 『ONE OUTS』14 ONE OUTS 14 (ヤングジャンプコミックス) p …

「人と同じ本を読んではいけない」と言われて、違う本を読んではいけない

三谷宏治さんの『戦略読書』を読んだ。 おもしろい。 戦略読書 posted with ヨメレバ 三谷 宏治 ダイヤモンド社 2015-12-18 Amazonで見る Kindleで見る 楽天ブックスで …

小島信夫『残光』は小説だと認識できない。分かった気にはならないようにしたい。

先日、小島信夫『残光』を読んだ。 残光 (新潮文庫) 月初に海外文学を1冊読み、それ以外の期間は気分に任せることにしている。(ただし、カフカなどの海外文学2冊目は読まないルールを設けている。月初に読む …

ブログをコツコツ続けることは、資産形成である。

8月11日から毎日更新しているこのブログ。 気づけば、連続更新は半年を超えた。 継続することが苦手である。 典型的な飽き性、3日坊主の常習犯である。 「成果が出るのが◯年後」が楽しみである 年齢を重ね …