それおもしろいね

まなぶことで資産を増殖させるブログ

『嫌われる勇気』を読んで2年たっても覚えていた一文に、わたしは救われました!の巻

calendar

かつて読んだ本に救われた話をしたい。

2年前に出てベストセラーになった『嫌われる勇気』。

アドラー心理学を一般人のわたしたちにも知らしめた名著だ。

読んだ当時、とても印象に残った一文があった。

すべての悩みは「対人関係の悩み」である

そんなこと、思ってもみなかった。

でも、言われてみればその通りかもしれないと思った。

目から鱗とはこのことだ。

わたしは、とても気がラクになった。

元々、嫌われるのを恐れるタチだ。

でも、結構な確率で人から嫌われる(気がする)。

そして、ウジウジと悩むのだ。

そんな性格なので、人間関係の悩み、つまり「嫌われるのが嫌」なだけなくせに、何やかんやと理屈をつけて、複雑な問題であるかのように正当化していたのだ。

自覚なく、自分を守っていたのだ。

『嫌われる勇気』によって、何かに悩んだとき、「嫌われたくないだけかもしれない」と立ち止まって考えることができるようになった。

最近も、そのことによって無駄に悩むことを回避できたのだ。

もし『嫌われる勇気』を読んでいなかったら、「◯◯さんが□□なせいで、どうのこうの」と、悩んでいるポイントをすり替えてしまっていたことだろう。

本の持つ力は、すごい。

わたしは、『嫌われる勇気』を本棚の目立つ場所に移すことにした。

<第2弾も今月出る!>




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]