それおもしろいね

まなぶことで資産を増殖させるブログ

損切りとは、損とか得とかいう文脈から逃れることである

calendar

reload

マイナス金利導入やら何やらで、株式市場が荒れている。

デイトレーダーならまだしも、日中に相場を見られない人には辛い環境だ。

こういうときは、損切りができないと痛い目を見る。

損切りとは、文字通り損が出ている銘柄を見切って売ることである。

損切りは、難しい。

自分なりのルールを決めても、あがるかもしれない、戻るかもしれないと、期待してしまう。

人間、そういうものだ。

わたしも、例外ではない。

とはいえ、長く株をやってきた経験から、誘惑に負けない心構えはできる。

株トレーディングの目的自体を書き換えてしまうことだ。

わたしは、「株で儲ける」ことを目的にしていない。

単なる資金移動であり、そのときの「レート(!)」がいくらかは、あまり重要ではないというマインドセットである。

その資金移動を丁寧にやると、長期的に見たときに資産がふえていく「可能性が高い」。

目先のことを気にせずに、バンバン売ったらいいのだ。




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]