learning

病院の待合室でもコツコツとカフカ!

投稿日:

今日も少しだけカフカの『城』を読んでいる。

病院に行ってきた。

健康診断の結果を受けて、先週とったCTの結果を聞くためだ。

予約をしていなかったので、かなり待った。

時間を潰すための読書

その間、『城』を読んだ。

昨日の、朝の「ヘコんだ状態での読書」とも、夜の「1日過ごした安堵感のなかでの読書」とも違う。

今日のは、「時間を潰すための『城』」である。

待っていた時間は、30分かもしれないし、1時間かもしれない。

物語に集中したおかげで、病院にありがちな「まだ自分の番がこないのか」とか、「風邪うつされたらダルいなあ」とか、ムダにネガティブな感情に襲われることが一切なかった。

『城』を読みたいのか、時間を潰したいのか

ここで、わたしの今日の読書の意味を考え直したい。

わたしは、病院の待合室で順番を待っている間、『城』を読んだ。

だが、「順番を待つために、(今まで読んでいないのに)本を読んだ」わけではない。

元々、『城』を丁寧に読むことは進捗中の案件なのである。

しかも、重要度は高く設定している。

ということは、「『城』プロジェクトを、病院の待合室でも粛々と進めた。結果、順番待ちの間も持て余すことなく過ごせた」というのが正確な事実なのだ。

もし、『城』プロジェクトがなかったらどうだったか。

なんとなく読みたい気分の本を選んで(またはkindle端末を)持って行き、読み始めたことだろう。

可能性の話だが、20分経過したあたりで、一旦飽きてしまったかもしれない。

『城』があってラッキーである。

こういうどうでもいいことを考えると、気分がよくなる。

わたしは変なのだろうか。




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-learning
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

学習超人になりたい気持ちを、また書いてみた。

「学習超人に俺はなる!」的な目標を立てたが、悩んでいる。 自分で言っておきながら、学習超人の定義が不明確なのだ。 思いついた当時の気持ちを手掛かりに、やりたいことを整理してみたい。 学ぶのが好き わた …

3月振り返り1 カフカ、小島信夫、肉リマン!

3月の振り返りを忘れていた。 前半は『審判』 3月に書いたブログを見ると、前半はカフカの『審判』を読んでいたようだ。 2月の『城』に続いて、カフカを読んで作品についてぼんやりと考え続けるのは、とても心 …

ブログをコツコツ続けることは、資産形成である。

8月11日から毎日更新しているこのブログ。 気づけば、連続更新は半年を超えた。 継続することが苦手である。 典型的な飽き性、3日坊主の常習犯である。 「成果が出るのが◯年後」が楽しみである 年齢を重ね …

『やる気はあっても長続きしない人の「行動力」の育て方 自分を変える「7+1の習慣」(安藤美冬)』は、行動と継続のヒント満載!3回は読もう!!

安藤美冬さんの新刊、『やる気はあっても長続きしない人の「行動力」の育て方 自分を変える「7+1の習慣」(安藤美冬)』を読みました。 やる気はあっても長続きしない人の「行動力」の育て方 自分を変える「7 …

ペヤングとペヨングを食べ比べてみたけれど、これは他の人がやるやつだった。

最近、ペヨングソース焼きそばというカップ麺がある。 あのペヤングと同じ、まるか食品から出ている商品だ。 見た目がそっくりなので、「ペヤングと食べ比べてみようかしら」と思い立って、2つとも買ってきた。 …