それおもしろいね

まなぶことで資産を増殖させるブログ

FCバルセロナを4年ぶりに生観戦!

calendar

reload

クラブワールドカップ決勝戦をスタジアム観戦した。
スペインのFCバルセロナと、アルゼンチンのリーベルプレートの試合だ。

リーベル側の席で見た。
リーベルはアルゼンチンの中でも上品なほうだ。
富裕層のファンが多いことでも有名だ。
とはいえ、南米的なノリはある。
試合前から、歌いまくる。
決勝戦の前には、サンフレッチェ広島の三位決定戦が行われていた。
リーベルのファンは、自分たちの試合が待ちきれず、サンフレッチェの試合中にもかかわらず、リーベルの歌を歌いまくる。しかも声量がすごい。

さて、バルセロナの話に移ろう。
試合は、3-0でバルセロナの完勝だった。
スアレスとネイマールの、個の力でねじ伏せたのだ。
わたしは、ネイマールのドリブルに何度も「うまい」と叫んだ。

今年のバルセロナは、確かに強い。
だが、リーベルにチャンスがなかったわけではない。
4年前にバルセロナに敗れたサントスには、チャンスがなかった。延々とボールを回されて、やっとマイボールになったら、あっという間に囲まれて奪われる。
4年前のほうが上かどうかは、どうでもよい。
ただ、「違うチーム」なのだ。
日本では、なかなか世界トップレベルのサッカーは見られない。
しかも、「同じチーム」は来ない。
多少チケットが高くても、仕事があっても、見て得るもの、感じることは多い。
日本開催の年のクラブワールドカップは、貴重だ。




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]