learning

ホリエモンの『本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方』には、新発見はなくても再発見がある

投稿日:

堀江貴文さんの『本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方』という新刊を読んだ。SB新書だ。

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

堀江 貴文 SBクリエイティブ 2015-12-05
売り上げランキング : 87

by ヨメレバ

わたしは以前から堀江さんの本やメルマガを読んでいたので、本書での新発見はなかった。

だが、買って読んだことを後悔もしなければ、「他で言っていることと同じ」などと、低レベルな発言をする気もない。

そういう批判をする人は、「この人の話を聞きたい、書いたものを読みたい」と思う感情について理解できていない。

読書をしたり講演を聞いたりする行為において、「思い出す」「再確認する」というのはとても大切な作業だ。

本書でもわたしは、仕事上の人間関係を気にすることの無意味さだったり、すぐにやらないことの愚かさという、ホリエモンがいつも言っていることを「思い出した」のだ。

もっと言うと、この読書を通じて「思い出すことは大事」ということさえも「再確認」できたのだ。

それを言語化してブログに書いているこの瞬間は、学びの一部だ。

読書&学びのセットは、とてもいい。

ホリエモンの本を読んだことがある人もない人も、オススメだ。

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

堀江 貴文 SBクリエイティブ 2015-12-05
売り上げランキング : 87

by ヨメレバ




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-learning

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カフカの『城』をなんとなく読んでいるが、次に読むときは、地図を片手ぶ読んでみようかしら。

620ページあるカフカの『城』。 読み進めて、ただいま442ページである。 物語はおそらく、終盤に差し掛かっている。 もうすぐ終わってしまうと思うと、少しさびしい。 何度か書いているとおり、これが小説 …

『朝の余白で人生を変える』(池田千恵) 早起きに挫折した30代のあなたに読んでほしい1冊!

こんにちは。いしざわです。 池田千恵さんの新刊『朝の余白で人生を変える』を読みました。 朝の余白で人生を変える posted with ヨメレバ 池田 千恵 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2016 …

家入一真×YADOKARIイベントに参加。家入一真さんは優しい。

こんにちは。学ぶデイトレーダーのいしざわです。 2月23日(木)、「家入一真×YADOKARI「お金」と「コミュニティ」の新たな価値を捉え、「小さな経済圏」をつくる。僕らが目指す◯◯の民主化。」という …

学びって、「本や人から知識を教わること」だけじゃないんだよ

こんにちは。 今回は、いまだに「学びって、『本や人から知識を教わるこ』」だけじゃないんだよ」という話。 僕は現在、学びのヒミツ結社を運営しています。 これは、超長期の取り組みなので、少なくとも外からは …

カフカの『城』読了!1冊の文学作品を読み通すことで得られるもの

2月3日から、おもに電車の中で読んでいた『城』。 先ほど、読み終わった。 新潮文庫で620ページある作品だ。 大学生のころまでは当たり前だった、「小説を読み始めたら、最後まで読む」という習慣は、なくな …