それおもしろいね

まなぶことで資産を増殖させるブログ

野洲対青森山田 高校サッカー選手権2012年12月31日の記憶

calendar

2012年12月31日、駒沢で第91回高校サッカー選手権を生観戦した。

2試合あったうちのひとつ、野洲高校と青森山田高校の試合が忘れられない。

野洲高校は、第84回に、当時2年生だった乾貴士を擁して全国制覇した学校だ。

ドリブルとショートパスで相手を崩すスタイルは、セクシーフットボールと呼ばれて多くのファンを魅了した。

私も、魅了された一人だ。

その野洲高校史上でも最も技術の高い世代と言われていたのが、件の91回に出たチームだったのだ。

野洲史上最高のチーム

397767 465936596801887 2042715374 n

駒沢は、満員だった。

野洲のパスワークを見たい。皆がそう思ったのだ。

相手が優勝候補の青森山田というのが、その期待に拍車をかけた。

試合は、ファンが望んだとおりの展開を見せた。

現在名古屋グランパスに所属する望月嶺臣を中心としたパスワークは、掛け値なしに高校サッカー史上最高のクオリティだった。

青森山田が、ほとんどボールに触れないのだ。

野洲は密集を形成し、集団で歩きながらボールをつないでいく。

おおげさではなく、選手間の距離が近すぎて、何をして突破しているのか遠い場所からだとわからない。

何が起こっているのかわからないが、ボールをつなぎ続けている。

こんな状態を見たのは、はじめてだった。

しかし野洲は、敗れた。

ロングシュートで1点とられ、1:1からのPK負けだ。

とても野洲らしい試合だった。

今年、また野洲がやってくる。

今度はどんなセクシーが見られるだろうか。




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]