それおもしろいね

まなぶことで資産を増殖させるブログ

「kindleセール中」くらいの感覚で安い株を買ったらいいんだと思う。

calendar

さわかみファンドの澤上さんの本を読んだ。
『長期投資はじめの一歩 -明日につながるプラスサムの資産形成をしよう』だ。

「インデックス投資がいい」と言われている時代だからこそ、ファンドの代表のメッセージに価値がある。
以前に紹介した藤野さんの本もそうだが、視野が広がる。
澤上さんは、「応援したい銘柄を選び抜いて、長期で持ちなさい」というメッセージを発信している。
わたしも、そうやって選んだ銘柄を保有している。

投資は、「この手法さえやっていればOK」ではない。
だから、「インデックス投資とどちらがいいか」とか「デイトレードはやるべきかどうか」とか、そういう議論はナンセンスだ。

株を買うのは楽しい

インデックス投資から入るのがいい。
が、ほぼ同時に、個別株を買うことをおすすめする。
なぜなら、自分が今行っている「投資」なるものの本質を理解しようとしたほうが結果が出るからだ。
株式が大幅に下落したとき、長期投資の発想がある投資家は、喜ぶ。
「セール中!買おう買おう」と。
それはまるで、イケダハヤトさんが「◯◯社のコミックが大量にkindleセール中。この機会にぜひ!」と紹介しているときのようだ。
安くなっているなら買えばいいのだ。
ただ、安くなっているかどうか見極め力が必要で、その力は投資経験でしか得られない。
つまり、売ったり買ったりした回数が多い人ほど将来楽しめるのだ。
怖さもあるだろうが、無理のない範囲でチャレンジしたほうがおもしろい。

<このシリーズわかりやすそうだけど、kindleだと多分固定レイアウトなのでご注意>

<関連エントリー>
『投資バカの思考法』(藤野英人)感想 投資に必要なのは、チャート分析ではなく街歩きである
『世界的な大富豪が人生で大切にしてきたこと60』(ジム・ロジャーズ)感想。
『日本株はバブルではない』(藤野英人)感想 伊藤レポートを正しく理解して、今こそ日本株を買おう! その1




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]