それおもしろいね

まなぶことで資産を増殖させるブログ

東大卒に勝てないのは、わたしもあなたも、何も考えていないからだ!

calendar

『あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか 論理思考のシンプルな本質』(津田久資 著)を読んだ。
タイトルはキャッチーだが、中身は本格的なロジカルシンキングの本だ。
著者の津田さんは、東大ーBCGー博報堂という、いわゆるエリートだ。

考える

ロジカルシンキングの本は多い。
内容は、どれも似ている。
MECEとロジックツリーだ。
本書は、それだけに止まらない。
まず前提として、「考えよう」と説く。
わたしたちは日ごろ、「よく考えた」と誤解してしまう。
しかし、それは誤りだ。
既存のフレームワークに当てはめて、考えたと誤解してしまっているのだ。
本書では
学ぶ=既存のフレームワークに当てはめて答えを導く
考える=自分でつくったフレームワークから答えを導く
と定義している。
(「当てはめる」だけでは競合に勝てない!!!)

わたしたちは、子どものころから正解を導く訓練をされてきた。
そして、その能力が高い人を今も「頭がいい」と評価している。
これからの時代は知識だけではダメだと薄々気づきながらも。

書く

人が考えているかどうかを決めるのは、その人が書いているかどうかである。

三島由紀夫が書かずに小説を完成させた逸話が紹介されているが、普通の人間には無理だ。
わたしも、常に書いている。
部下にも、書くことを命じている。
だが、できない人ほどピンとこないようで、すぐにやめてしまう。
このあたりは「考える」という語感と実際の作業に齟齬があるということなのだろうか。

まとめ

「考える力があったらかっこいい」
そう思う人に、ぜひ読んでほしい本だ。
わたし自身は、論理思考が非常に苦手だ。
苦手だが、最低限のスキルとして意識している。
そして、そのスキルは知識として持っても意味はない。
実際に使い倒すことでしか磨かれないことは言うまでもない。




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]