それおもしろいね序章

まなぶことで資産を増殖させるブログ

株式投資初心者がついついやってしまう!間違った「勉強」

calendar

株式投資をしたいが、まだ勉強が足りない。
そう感じて、なかなか踏み切れない人は多い。
だが、いわゆる「勉強」はいらない。
わたしたち日本人にとって、勉強の定義は知識のインプットを指す。
知識が増えても、投資の熟達度は上がりっこない。

知識だけでは株は上達しない

わたしたしは小学生のころから、テストで点数をとるための作業を「勉強」と呼んできた。
でも、テストはすべてではない。
テストで測れるのは知識だけだ。
例えば株式投資では、大局観を磨くことが熟達への道だ。
用語や仕組みや税制や商品名をひたすら暗記したところで、資産は1円も増やせない。
本当は皆わかっているのだ。
とりあえずやってみてから、後追いで知識を習得するのが効率的に決まっている。
だが、できない。
わたしも日本人なので、気持ちはよくわかる。
でもやってみようと心がけている。

つけるべき知識は歴史と宗教

知識を習得するよりは実践したほうがよい。
ただ、やみくもにやってもダメだ。
とりあえずやってみたときのセンスを上げるために、勉強するのだ。
では、この場合の勉強とは何を指すのだろうか。
そんなことを考えていて、自分の本棚にこの本を見つけた。
(買ったまま読んでいなかったのだと思う)

経営コンサルタント/経済アナリスト 中原圭介さんの『未来予測の超プロが教える本質を見極める勉強法』だ。
本書では、物事の本質を見極められるように歴史と宗教を学ぼうと書かれている。
どうせ知識をつけるならば、世の中の本質に近づくべきだ。そして、歴史や宗教や哲学は、本質を学ぶことができる。
簡単に読めるビジネス書だけではなく、岩波文庫を読んでみよう。




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]