working

いい仕事がしたければ、会社を休みなさい

投稿日:

伸び悩む若手を見ると、思うことがある。
会社をサボってみたらいいのに、と。

会社を休むとはどういうことか

平日に会社を休む人は、仕事の上達が早い。
休むという決断をするのは、実は簡単ではない。

  • 自分が休んだ時の影響範囲を特定する
  • ある特定の日を目指して、その日だけは不在の影響が少ないように持って行く(しかも自然に!!!)
  • 意志を持って、Xデイに会議が入らないようにする
  • 腹をくくる
  • 休むことを上司に伝える(言い方は、職場環境に応じて変える)

というステップが必要だからだ。
そうまでして得た休みは、何に使うべきだろうか。

普段仕事をしている時間に、仕事以外のことを考える

BsPPH akihabaranohitogomi

勤務時間中に頭の中が仕事一色になるのは、当然だ。
だが、そのことが視野を狭くしている。
世界は、仕事だけでできているわけではない。
にもかかわらず、わたしたちは、担当業務のことばかり考える。
休みをとったら、そうはならない。
実は自分の仕事はとても小さくて、自分がいなくても大した問題ではないことに気づく。
ぼーっとするのもよし、人と会うのもよし、だ。

大した仕事ではないことを実感するからいい仕事ができる


自分の仕事を卑下して何の意味があるのだ、と思うだろうか。
そうではない。
客観的に仕事を見ることが大事なのだ。
俯瞰的ともいうだろうか。
ある種、なめた態度が質の高い仕事(いわゆる「いい仕事」)には必要だ。
無我夢中にやるのも、もちろん素晴らしい態度だ。
だが、行き詰まったら会社を休めばいい。(何も考えずに毎日行っているだけの人は、生産性もそれなりだ)
休んだ翌日のパフォーマンスは、最高になるはずだ。(頭も体も軽い軽い!)




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-working

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「仕事とプライベートでスケジュールを分けるべきではない」というのを信じていたが、分けたほうが楽しいんじゃないかと思えてきた話

今年はジブン手帳というのを使っている。 時間の目盛が用意された、バーチカル式と呼ばれるタイプの手帳で、即完売した人気商品だ。 バーチカルは、予定の長さを視覚的に捉えることができるのが長所だ。 どの本を …

営業事務から営業企画に変身するための5つの段階 第3回

前回までで、「営業事務ということになっているが、実態は企画職」というところまでいきましたね。 最終回となる今回は、人とのかかわりについてお話しします。 4.営業との雑談を大切にする 営業企画は、「営業 …

no image

「会社辞めたいけど辞められない」って、今辞められないだけでしょ。3年後に辞めればいいじゃん。

会社辞めたいのに辞められないというのは、よくある話です。 辞められない理由は何でしょうか。 収入がなくなって生活できない 誰に聞いても、これを真っ先に挙げますよね。それ以外なんて、おまけの理由です。 …

no image

史記の漫画読み始めたんだけどさ、これ、会社じゃんww

横山光輝の『史記』をよみはじめた。 歴史は大事だよなあと思って。 なんだけど、 え? なんか、邪魔な人がいるとすぐ殺すんですけど。 あと、ウソの噂流して足ひっぱるww 大企業みたいだ笑 史記 (1) …

no image

加地選手に学ぶ新天地の楽しみ方

加地選手がアメリカ(MLS)に移籍して、サッカーの種類の違いを感じつつも、プラスになっているという記事を読んだ。 「30歳まではサッカーが嫌いだった」元日本代表・加地亮、新天地での今。 自分はスポーツ …