working

新社会人に送る「とりあえずやっておいたほうがいいこと」第2回

投稿日:2014年4月5日 更新日:

前回は、「とりあえず積み立てをしよう」というお話をしました。

前回の記事はコチラ

今日のテーマは、「本を買う」です。

本を買う

新社会人は、本を買いましょう。

読む時間がなくなってきた。

そう感じる方も多いと思います。

だから、「本を読もう」ではなく「本を買おう」と書いたのです。

 

買うだけで読まなかったら意味がないか

買うことの意味は、以下の通りです。

◆本屋に行くので情報が増える

なんとなくトレンドが頭に入ることは、ビジネスパーソンにとって非常に有益です。

また、大型書店をぶらぶらしている間は、思索の時間にもなります。

◆自分の興味範囲の変化に気づく

買った本を本棚に並べていくと、

「最近は小説ばかり買うな」

とか、

「仕事に直結する本が増えたかも」

のように、自分の中の「トレンド」が可視化されます。

これは、自分について考えるという、とても貴重な時間といえます。

◆「なにか本が読みたい」と思った瞬間に本が選べる

普段は忙しくて読めないけれど、たまたま予定が入らない土日もありますよね。

家にいるときふと、

「あ、今本読みたい」

と思うこともあるでしょう。

そんなとき、本棚にあるのは、

「自分が興味のある本たち」です。

最近は電子書籍が出てきましたが、やはりこういう場面での存在感は紙の本の方が上です。

 

会社にいると、どうしても会社の常識が世の中のすべてになってきてしまいます。

そしてしばしば、それは閉塞感につながります。

そんなときは、本に頼りましょう。

あなたの心を、豊かなものに戻してくれます。

では。

 




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-working
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

次の会議の司会を”むちゃぶり”されたらやるべき7つの作業 第1回

よくわからないのに、会議の司会とかやらされると困りますよね。 どうしていいかわからない。 私も最初そうでした。 でも、1年くらいやると、だんだんコツが分かってきました。 今回は、 「うおーー。司会いや …

no image

仕事にラベルをつけよう。仕事の密度を上げる仕掛け

『人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術』の中に、仕事の密度を上げようという話が出てきた。 使う頭が似ている業務を近づけて、効率を上げるという方法だ。 人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術 post …

no image

酒が飲めなくてもやっていける会社はいい会社

自分のチームの飲み会の帰りである。 楽しかった。 わたしは酒が飲めない まったく飲めないというわけではないが、飲み会中に2杯くらいでやめたい。 世の中には、飲みたくないのに飲まなければいけない会社もあ …

no image

あなたが辞めたいと言っている「会社」は、会社のことではないかもしれない。

今日は、営業所と本社について考えてみたいと思います。 会社=○○営業所(店)? 私たちが「会社行きたくない」というとき、まさにあなたが電車に乗って通勤する勤務地のことを指しますよね。 本社じゃなくて。 …

すでに自分の居場所ではないことに気づかないフリをしてはいけない。

昔、あることでとてもイライラしながら働いていた。 それは、「なんでこの人たちは、現状で満足しているのだろう」ということだ。 また、「なぜ進化しようとする人の邪魔をするのだろう」と、怒りすら感じていた。 …