それおもしろいね

まなぶことで資産を増殖させるブログ

『砂漠の野球部』(コージィ城倉)のバランス感覚は奇跡!こんなにもめちゃくちゃな設定で、これほど真剣に野球のことが描かれているなんて!

calendar

『砂漠の野球部』(コージィ城倉)全11巻は、非常に稀有な漫画だ。

あらすじ

鳥取県にある私立の女子高校「オアシス学園高校」の島貫校長は、生徒数の減少に悩んでいた。経営の参考にするため、神奈川県の私立高校(野球の名門校)「相模大学付属横浜中央高校(以下、相模大横浜)」を視察していたところ、体育の授業でありながら、授業のレベルを超えたプレイをする生徒達を目にする。彼は、学園再生の手段として「(様々な理由で)野球部を退部した生徒達をオアシス学園に転校させ、甲子園に出場させる」事を思いつく。

(Wikipediaより)

めちゃくちゃな設定の漫画か?

わけあって神奈川の名門校の野球部を退部させられた9人を鳥取に連れてきて甲子園を目指させる作品だ。
荒唐無稽な匂いしかしない。
わたしは3巻までを、期間限定の無料版で読んだ。(= 無料版だから試しに読んでみた)

本格野球漫画か?

しかし、設定はぶっとんでいるが、野球に関する内容は本格的だ。
野球好きならば次の巻も読みたくなる。
後半に出てくる、主人公の土屋拳至のウィニングショットは必見だ。

キャラクターが魅力的

とくに、女性が素敵だ。
ジャンボーグ、あねご、アニメ、美香はいずれも魅力的な女性だ。
(ちなみにわたしは、ジャンボーグが好き)
ラブコメ的な要素が、作品の重要なスパイスになっている。

まとめ

野球好きならば間違いなく楽しめる作品だ。
タイトルや設定で読まず嫌いになりそうな漫画だが、ぜひ1巻だけでも読んでほしい。




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]