それおもしろいね

まなぶことで資産を増殖させるブログ

小瓶に貯めた500円玉を、楽天証券に移して投資信託買ってみた。

calendar

6万円を証券口座に

500円貯金をしていたのだが小瓶がいっぱいになり、証券口座に移すことにした。

合計6万円あった。

実際には、銀行口座の6万円を振り込んだ。

現物は、袋に入ったまま、まだ部屋にある。(たまに使わないと、あとでめんどうなことになりそうだ)

いつもの証券口座に振り込んでもよかったのだが、500円貯金用の証券口座があってもおもしろいのではないかと考えた。

使っていない楽天証券の口座を、それ専用にすることにした。

投信の自動買付

さっそく入金して、投信の自動買付を設定した。

月に6本、各3,000円。

18,000円が買われる計算だ。

60,000円を入れたので、原資がなくなるまでに3ヶ月くらいかかる。

それまでにまた、せっせと500円を貯めて、補充する遊びだ。

これはおすすめだ。やっていて、なかなかおもしろい。

ちなみに、引き落とされなくても借金になったりはしない。単にその月は積み立てが行われないだけだ。

「節約」の悪いところは、出口がないところだ。

貯めても何か買うだけであれば、お金は増えない。

というよりも、減る。

何か買うために100万円を貯めても、110万円くらいのものを買ってしまうものだ。

今回のような方法であれば、金融商品をバトンしているだけ。資産のバランスを変えているだけで、消費はゼロ。

投資信託の自動買付について説明すると、こうだ。

ネット証券には、投資信託を積み立てる仕組みがある。

金額は、月に1,000円(なかには500円もある)〜など、一般庶民でも負担がなく参加できる。

月々の金額と日付は自由に設定でき、(条件次第だが)銀行口座やカードから積み立てることも可能だ。

毎月注文を出すのは面倒だが、この方法であればらくだ。

「お金がないから投資しません」というのはまったくの誤りで、というかむしろ逆で、お金がない人ほどやったほうがいい。

 




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]