それおもしろいね序章

まなぶことで資産を増殖させるブログ

営業事務から営業企画に変身するための5つの段階 第2回

calendar

reload

前回は、営業事務から営業企画に変身するための5段階のうち、2段階まで説明しました。
営業事務から営業企画に変身するための5つの段階 第1回

簡単に前回の内容を復習しましょう。

1.事務を頑張る

今の仕事を頑張っていないと思われると、通る話も通らなくなります。頑張っている姿を周りに見せましょう。

 

 2.仕事をなくす

自分の担当業務が、会社全体の中でどういう意味を持っているかを考えましょう。

そのうえで、業務改善案を作成しましょう。

 

今回は、3つ目の段階。いよいよ変わるために社内でとる行動の話です!

 

3.仕事の質を変える

業務改善の私案を上司に見せましょう。

相談の仕方は、こうです。

「○○業務について、手一杯で回らないので相談させてください。
私はこういう風に変えたらよりよいと思うので、しばらくそうしてもよろしいでしょうか。」

ここでのポイントは、業務改革の承認をとるのではなく、忙しいから相談に乗ってもらうというスタンスをとることです。

なぜこんなに回りくどいことをするのか。

それは、この時点でのあなたは、上司にとっては、

「最近頑張っている事務の人」

でしかないからです。

(もし、「今日から企画やります」と言ってすぐに通る状況であれば、そもそもあなたは悩んでいないはずです。)

話を戻します。

仕事を回すことの相談ならば、乗ってもらえるでしょう。

そして、仮にあなたの案が通らなくても、何らかの業務改善がなされる可能性が高い。

他の業務についても、どんどん同じことをやりましょう。

あなたの作業量は、気づいたら大幅に減少しているはずです。(作業量が減ってもヒマそうにしないように注意)

さあ、時間ができました。

空いた時間に何を入れるか、ワクワクですね。

次回は、営業との関わり方についてご紹介します。

では。




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]