それおもしろいね

まなぶことで資産を増殖させるブログ

kindleに(写真ではなく本のページの)ランダムスライドショー機能がほしい

calendar

パラパラめくりたい

紙の本と電子書籍のそれぞれに、いいところとわるいところがある。よく語られる話だ。
わたしは両方読む。電子書籍に抵抗はない。
ただ、ひとつだけ困ることがある。パラパラめくれないのだ。
本は読んだ後だけでなく読んでいる途中も、わたしは紙の本をパラパラめくる。
読んでいる最中であれば、集中力が低下したあたりで、これから読むページをめくってみる。本全体のイメージが欲しくなるからだ。苦痛を和らげる意味ではなく、ここから先の楽しい世界を少しだけ見たいと思うからだ。
読んだ後も、めくる。1ページずつではなく、かなりてきとうにやる。
たまたま目にとまったページが大きなヒントにもなる。
おそらく、たまたまはたまたまではない。
知識を広げたり情報を拾うというのは、こういう偶然に見えるが偶然ではないものの連続だ。

ハイライトを後で見られる機能は別のもの

こういう話をすると、
kindleだと線が引けて、そのハイライトはあとでまとめて見られる
といわれる。
わたしにとっては、やりたいことと似て非なるものだ。
パラパラめくるのは、時間差をつけて大事なところを自分なりに再構成する行為だ。
ハイライトは、読んだ瞬間に大事だと思ったところにすぎない。電子書籍で読んだ本についてブログを書こうとしてつまずくポイントはここだ。ハイライト集だけ欲しいのではないのだ。(そもそもわたしは、紙の本の右上を折りながら読むが、最終的に大事になるのはそれ以外のページだったりする。パラパラめくると気づく)最近も山川咲さんの本がステキだったのに、kindleだったために感想を書けないでいる。

欲しいのはランダムでめくる機能

だから私は、kindleにパラパラめくる機能がほしい。
それも、全ページではなくランダムにだ。なおかつ、全部、読んだところ、まだ読んでないところの3パターンできるのがいい。
ここまで書いて、だったらこれをamazonに伝えた方がよかろうと思い立ったのだが、問い合わせ先が見つからない。あとで探さねば。

Posted from SLPRO X for iPhone




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]