money

お金と時間は大切だけれど、管理するのは大して難しくない。楽しめばいいだけ。

投稿日:

時間とお金について最近考えることをまとめてみた。

お金

ついこの間まで、わたしのお金は2種類あった。

  1. トレーディングいによる有価証券
  2. 会社からもらう給料

1の有価証券は使わずに殖やし続けるお金であり、2の給料は生活費と無駄遣いするお金だ。
(元々お金に興味がないのと、有価証券があるから給料はいらないと思っていたので、会社からもらった分はすべて使っていた)

最近お金に興味が出てきたので、給料も無駄遣いせずに運用し、その利益から遊ぶお金を出すことにした。なおかつ、500円貯金まではじめた。極端な変化である。このあたりは以前書いた通りだ。

「よし!洋服を買いたければ資産をつくるしかないんだな!」(←元証券マンなんだから10年前に気づけ!)

500円貯金して、証券口座へゴー!投信積立の資金にした。

要するに、自分の資産をひとつながりのものと定義し直したのだ。

お金を貯める必要が出てきたわけではない。なんとなく、B/S(貸借対照表)でモノを考えることが楽しそうだと思いついたのだ。(ちなみに、このブログすら資産にしたい)

時間

時間については、それまでひとつだったものを、ひとつではないかのように扱い始めている。

1日24時間なのは、変わらない。
かつては、会社もプライベートも合わせて24時間なのだから当たり前だと考え、一つの手帳で管理していた。
今月から、会社の手帳は会社の机に置いて帰るようにしている。
プライベートはほぼ日カズンを利用しているが、思いつきを書くノートと化した。
Googleカレンダーも使うが、予定を管理するのではなく、アラートを出すためのツールでしかない。
プライベートの時間は細かく管理していないのだ。

  • 会社→バーチカルの手帳で時間管理
  • プライベート→Googleカレンダーのアラートのみ

という状態だ。
そして、今のわたしにはこれがベストだ。理由は3つある。

  • 平日のタスクは会社のほうが「数」が多いので、ひとつの手帳で管理しようとすると、「会社中心」という自己暗示にかかってしまう
  • 残業はほとんどしないことにしたので、ブログを書いたり株の売買をする時間は確保された(捻出の必要性がない)
  • 会社とプライベート重要なのは頭のリソース配分であって、時間のコントロールはたいして難しくない

まとめ

お金も時間も、管理するのは簡単だ。どちらも数字だからだ。多い少ないが分かるので、Excelでも使えばシミュレーションが容易だ。だが、興味とか関心とか注意を数値化するのは難しい。時間配分が興味の比率と同じかといえば違うし、だからといって反比例とも限らない。会社の仕事が気になった状態であれば、たとえプライベートで5時間あってもやりたいことなどできない。とすれば、やはり「どうやって楽しむか」が重要なのではないだろうか。




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-money

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日足チャートと週足チャートは何が違うの?

株価を表す代表的なチャートに、ローソク足というものがある。 一本が「1日」のものを「日足」といい、同じく「1週間」のものを「週足」という。 (他にも、「5分足」とか「月足」などがある) 1社ごとのチャ …

500円貯金して、証券口座へゴー!投信積立の資金にした。

500円貯金で貯まった5万円を投信積立に回すことにした。 3月から500円貯金をしている。なんとなく思いついて適当なビンに入れ始め、今まで続いた。 ビンがいっぱいになった。数えたら、5万円を超えていた …

株初心者が「勉強」をしてはいけない3つの理由

株式投資って難しいですよね。 今回は、初心者は株の「勉強」をしてはいけないよという話。 Contents1 どうせ分からない2 株にテストはない3 偽者にひっかかる4 それおもしろいね どうせ分からな …

『投資バカの思考法』(藤野英人)感想 投資に必要なのは、チャート分析ではなく街歩きである

『投資バカの思考法』(藤野英人)は、おもしろい。 ひふみ投信の藤野さんの新刊だ。 発売前から、絶対におもしろそうだと思って期待していた。 想像以上だった。 テクニックよりも思考法 テクニックには興味が …

no image

徹底した逆張りに徹せよ!損切りも株式情報誌もいらないし、信用取引なんてむしろ禁止!「京大親子が半世紀にわたって実践!不滅の株式投資術」

書店でみかけたので、「京大親子が半世紀にわたって実践!不滅の株式投資術」を読んでみた。 著者は今泉克也さん。個人投資家の方ですね。 ・現在日経平均はやや下げてきているものの、まだまだ市場に「絶望感」が …