それおもしろいね

まなぶことで資産を増殖させるブログ

お金と時間は大切だけれど、管理するのは大して難しくない。楽しめばいいだけ。

calendar

時間とお金について最近考えることをまとめてみた。

お金

ついこの間まで、わたしのお金は2種類あった。

  1. トレーディングいによる有価証券
  2. 会社からもらう給料

1の有価証券は使わずに殖やし続けるお金であり、2の給料は生活費と無駄遣いするお金だ。
(元々お金に興味がないのと、有価証券があるから給料はいらないと思っていたので、会社からもらった分はすべて使っていた)

最近お金に興味が出てきたので、給料も無駄遣いせずに運用し、その利益から遊ぶお金を出すことにした。なおかつ、500円貯金まではじめた。極端な変化である。このあたりは以前書いた通りだ。

「よし!洋服を買いたければ資産をつくるしかないんだな!」(←元証券マンなんだから10年前に気づけ!)

500円貯金して、証券口座へゴー!投信積立の資金にした。

要するに、自分の資産をひとつながりのものと定義し直したのだ。

お金を貯める必要が出てきたわけではない。なんとなく、B/S(貸借対照表)でモノを考えることが楽しそうだと思いついたのだ。(ちなみに、このブログすら資産にしたい)

時間

時間については、それまでひとつだったものを、ひとつではないかのように扱い始めている。

1日24時間なのは、変わらない。
かつては、会社もプライベートも合わせて24時間なのだから当たり前だと考え、一つの手帳で管理していた。
今月から、会社の手帳は会社の机に置いて帰るようにしている。
プライベートはほぼ日カズンを利用しているが、思いつきを書くノートと化した。
Googleカレンダーも使うが、予定を管理するのではなく、アラートを出すためのツールでしかない。
プライベートの時間は細かく管理していないのだ。

  • 会社→バーチカルの手帳で時間管理
  • プライベート→Googleカレンダーのアラートのみ

という状態だ。
そして、今のわたしにはこれがベストだ。理由は3つある。

  • 平日のタスクは会社のほうが「数」が多いので、ひとつの手帳で管理しようとすると、「会社中心」という自己暗示にかかってしまう
  • 残業はほとんどしないことにしたので、ブログを書いたり株の売買をする時間は確保された(捻出の必要性がない)
  • 会社とプライベート重要なのは頭のリソース配分であって、時間のコントロールはたいして難しくない

まとめ

お金も時間も、管理するのは簡単だ。どちらも数字だからだ。多い少ないが分かるので、Excelでも使えばシミュレーションが容易だ。だが、興味とか関心とか注意を数値化するのは難しい。時間配分が興味の比率と同じかといえば違うし、だからといって反比例とも限らない。会社の仕事が気になった状態であれば、たとえプライベートで5時間あってもやりたいことなどできない。とすれば、やはり「どうやって楽しむか」が重要なのではないだろうか。




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]