それおもしろいね序章

まなぶことで資産を増殖させるブログ

「よし!洋服を買いたければ資産をつくるしかないんだな!」(←元証券マンなんだから10年前に気づけ!)

calendar

reload

洋服大好きな私が……

私は、洋服が好きだ。

流行っているもの、皆と同じものを着たいとは思わないが、自分が好きなブランドで身を包みたい。

そんな私に変化が訪れた。

洋服を買わなくなったのだ。

店舗に行かないのはもちろん、ネットでの購入にすら慎重になった。

先日などはZOZOTOWNで適当に夏服を見繕おうとしたが、カートに入れたものの購入ボタンを押していない。

今の自分にはそういうのより大事なことがあるのではないか。

そんな感覚があるのだ。

(衣食住というが、そこでの「衣」は、裸をやめて身を守れという意味だ。オシャレをしようという話ではないだろう。)

自分に必要なものは何か。

今の自分には何が必要か

オシャレの誘惑は凄まじい。

モテたいからだ。

本当にそんな理由なのか、実は1ヵ月くらい考えているのだが、他にこれといった理由が見当たらない。

先日Gmailの送信ボックスに残っている過去の言葉を振り返ってみたが、他人によく思われたいという心理的背景しか見えなかった。(それが悪いとは思わないし、むしろ大切な感情である。それにしても、もう少し男性と仲良くしてもよかったのではないか。いや、難しいか)

歳を重ねた今も大して変わらない。

だが、今私がモテること以上に大事だと思っているのが、「人生」だ(単なるマイブームではないことを願う)。
着飾ることは私にとっては人生のすべてではない。中核でもない。中核でない場所を得るために大部分を犠牲にすることはできない。(ファッションに人生を捧げる人を否定しているのではない。むしろ、尊敬している)

 

洋服代はお金稼いでくれた中から少しだけ出す

私は人生をつくるにあたって、資産を形成し直すことが重要だと認識している。(資産というのがいいのか自己資本がいいのか、よくわからない。正確な表現と文章へのおさまりは別だ)

トレーディングを主な収益源としていた時期もあるわけだから、キャッシュフローを作ることは可能だ。

ただ、資産、つまり貸借対照表でものを考える癖がなさすぎた。

「○○が欲しいからいくら稼ごう」という発想では、自分の経済規模自体が大きくならない。

本当にお金に興味がある人は、本能的にそれがわかる。

私のように、実はお金が嫌いだった人間は、資産をつくる行動をとらない。

そんな反省から、私は、給料で洋服を買うことをやめた。資産を増やすことのほうが順位が先だからだ。

お金を稼ぐ(給料など)→消費をする

というサイクルは、永久にお金がたまらない人の行動だ。

正しいサイクルは、

お金を貯める→お金稼ぐ→お金が稼いだ分の一部を消費に回す

だ。

最近の趣味は資産形成だ。

「趣味」よ、長く続いてくれ。

そういうわけで、今後私が新しい服ばかりを着ていたら、ぜひ嘘つき呼ばわりしていただきたい。

<あえて古い(好きな)本を紹介する>

<資産形成は大事>




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]