それおもしろいね序章

まなぶことで資産を増殖させるブログ

「仕事とプライベートでスケジュールを分けるべきではない」というのを信じていたが、分けたほうが楽しいんじゃないかと思えてきた話

calendar

reload

今年はジブン手帳というのを使っている。

時間の目盛が用意された、バーチカル式と呼ばれるタイプの手帳で、即完売した人気商品だ。

バーチカルは、予定の長さを視覚的に捉えることができるのが長所だ。

どの本を読んでも、仕事とプライベートをひとつの手帳で管理することがいいことだと書いてある。

人生は、仕事とプライベート合わせてひとつだからだという理屈だ。

私もずっとそうしてきた。

最近になって、少なくとも自分にとってはそれがハッピーではないと思うようになった。

ほとんど会社の予定

大抵の会社員は、会社以外の時間を充実させたいと考えている。だから、平日の朝と夜に、ランニングや勉強や会食の予定を書き込む。

そうやってできた平日のスケジュールは、どんな姿をしているだろうか。

6:00-7:00英会話

9:00-10:00朝礼

10:00-12:00○○会議

(以下、延々と会社の予定)

20:00-21:00読書

みたいな内容だろう。

それをバーチカルで表現すると、やや辛い。

「仕事の予定だらけ」とあらためて認識することになる。

手帳2冊作戦

そこで私は、手帳を分けてみた。

仕事用のジブン手帳をそのままに、ほぼ日カズンをプライベート用に購入した。

ほぼ日の週間予定(バーチカルページ)、平日のところに、私は8時間の1つの予定を書く。

「会社」

これだけ。仕事関係のスケジュール詳細はジブン手帳で見るのだ。

「会社」は、長い時間を占めているが、唯一無二の予定ではないことに気づく。

ムダな残業などしてはならないことを強く意識する。

このやり方は、まだ始めたばかりだ。本当にいいかどうかは知らない。

だが、改善を繰り返すことが大切だ。新しいやり方を試していきたい。

私は記録することが大好きな人間ではない。

ただ、人生をつくるとか育てるとか、そういうのは大事なのではないかと思っているのだ。

Posted from SLPRO X for iPhone




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]