それおもしろいね序章

まなぶことで資産を増殖させるブログ

次の会議の司会を”むちゃぶり”されたらやるべき7つの作業 第2回

calendar

reload

前回は、会議の事前準備のコツについて書きました。

次の会議の司会を”むちゃぶり”されたらやるべき7つの作業 第1回
よくわからないのに、会議の司会とかやらされると困りますよね。 どうしていいかわからない。 私も最初そうでした。 でも...

いよいよ、会議当日の動きをご紹介します。

3.一番先に会議室に入る

会議室には、他の参加者よりも先に入りましょう。

そして、ホワイトボードがあれば、今日の議題(テーマ)を書いてください。

前回もお伝えしたように、具体的にすることが大事です。

× 「歓送迎会について」

○ 「歓送迎会の日時と準備担当者を決める」

また、先に行くことで会議室を「ホーム」にすることができます。(気持ちが少しラクです)

 

4.目的を共有する

さあ会議がはじまりました。

当然最初に口を開くのは司会者です。

会議目的を参加者に伝えてください。(事前に書いたホワイトボードに同内容の文字があることも、地味に効果を発揮しています)

しかも、事前準備の段階で、キーマンとは「この会議が何であるか」が共有されています。

もしここで「炎上」したのなら、おそらく事前準備が不足しています。

テーマに反論が出た場合でも、決して慌てないでください。

冷静に、ホワイトボードの具体的な目的を書き換えましょう。

それだけです。簡単簡単。作業だと思えばいいんです。

 

5.順番に意見を言ってもらう

いよいよ議論開始です。

悪い会議は、ここまでの1〜4をやらずにいきなりここから始まりますよね。

しかも、「どなたかご意見のある方は……」から始まる笑

一人ずつ順番に意見を言ってもらうのには、理由があります。

それは、参加者全員を、会議の序盤で「正式な参加者」にするためです。

会議で全然発言しない人がいると、一体感が出ないので、議論が活発になりにくいのです。

しかも、「あなたは今日全然発言していない。何か意見はないのか」と会議終盤に言われても、相当話しにくいものです。

さて、全員の意見を聞いている間も、 ホワイトボードを使いましょう。

参加者の意見をひたすら書いてください。

この、文字にするという行為にも意味があります。

文字にすると、発言者が自分の意見をころころ変えにくくなるのです。

変わったとしても、「変わった」と宣言する必要が出てくるため、聞いている人の混乱がなくなります。

また、書きながらあなたはホワイトボードの全体を見渡す必要があります。

・どういう意見が多いのか

・大きくまとめると、論点は何と何か

余裕があれば、同時に参加者の表情も見ましょう。

あきらかに納得がいっていない人がいるものです。(この段階では、特に何も突っ込まない)

 

さあ、全員の意見が出そろいました。

次回は、いよいよ議論して結論を出すフェーズです。

次の会議の司会を”むちゃぶり”されたらやるべき7つの作業 第3回
今回は会議シリーズの最終回です。 前回までで、参加者全員の、とりあえずの意見が出そろいました。 今日は最終回。「...

 

 

 

 

 




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]