それおもしろいね

まなぶことで資産を増殖させるブログ

20代で嫌いなことをしておくのも悪くない。何で嫌いかを考えないと時間のムダだけどね。

calendar

reload

よく、「好きなことを仕事にしよう」とかいう話を聞きます。私のこのブログも、「明日会社行きたくない」を減らしたいという思いで書いています。ただ、一方では、好きじゃないことをやったほうが、好きなことがはっきりすることも事実です。人間というのは不思議なものです。

私たちは自分の特長を知らない

「自分はこういう人間」という思いは誰にでもあります。そして、「こういう仕事は自分向きではない」と感じることも多いですよね。その向いていない仕事がきたとき、どうするか。結論としては、こなせるならやったほうがいいです。こなせるということは、苦手というよりも嫌いという側面が強いのです。自分はこの仕事のどんなところが嫌なんだろうとひたすら考えることは、大切です。
また、30歳くらいまでは引き出しが増える可能性があります。やってみたら意外に合っていて、その後の人生の武器になることも珍しくありません。自分を規定しすぎないといいことありますよ。

嫌いなことをした経験が強みを発揮しやすくする

後々、あの経験があったから今乗り切れているんだなと感じることが増えます。好きなことだけをしていた人は、嫌いなことに直面したときに対処できないものです。また、どうやったら身の回りを好きなことで固められるかという戦略を立てるときに、「嫌いなこと経験」という情報は必須です。これは、本当に自分の強みを理解している状態と言えます。

苦手なことがない人などいない

苦手なことは、何年かしてダメならば辞めたらいいです。誰にでも、どうしてもできないものがあります。それを努力が足りないからだという理屈で自分を責めると、心身ともに壊れます。ムダです、そういうのは。苦手なものは絶対あります。だからこそ、本当の強みを見つけることが大切です。強い弱いは相対的な概念です。いろいろな経験をして、なぜ得意(苦手)なのか、なぜ好き(嫌い)なのかを突き詰めて考えるくせをつけましょう。

まとめ

私は新卒で証券営業をしました。営業は得意だし好きです。ただし、社内接待とか社内の上下関係はたまらなく嫌いです。私の場合は、漠然と嫌いだったことが、どのポイントが嫌いであるかを明らかにできたため、現在はそういう状態にならないように行動しています。また、問題を混同しないでいられたのも大きいです。私のケースで多くの人が「自分は営業に向いていない」と感じてしまうのです。社内に過度な気をつかわなくていい営業なんて、世の中にたくさんあるのに。そういう会社に移ればいいだけです。自分のことだと難しいですが、論点を整理することって大事ですね。




■わたくし、学びのヒミツ結社の代表をしております
101年倶楽部、メンバー募集中!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この記事をシェアする

自己紹介

いしざわ(空論家)

いしざわ(空論家)

職業:空論家、トレーダー。
スキル:事業企画、株式トレード、ファシリテーション、アイデア創出
関心範囲:ライフログ、学び、資産形成
解決したい社会問題:普通の30代以上がどんどん苦しくなる件。ザコでも無職でも楽しく生きられることを、自身の経験をもとに伝えたい。
・上記を実践しようとして、トレカ屋さんでアルバイトに応募しているが、なかなか受からない。 [詳細]